預言カフェへ行ってきました。

預言カフェへ行ってきました。

預言カフェとはいったい?
私も知りませんでしたよ、そんなカフェがあるなんて。
しかも、予言ではなく、預言だそうです。
違いが実はいまいちわかってないままでございます。

広告

預言カフェへ行ってきました

平日の月ー金曜日の、午後2時から夕方くらいまで。
基本は、カフェです。
コーヒーのお店。
決して安くはないけど、味もまぁまぁ(おいしいと思います)。
で、入店するには、名前書いて、待つ。
記名する用紙は、12時に店頭に置かれるので、そこにかいて、かいてある時間くらいにまた戻ってくるわけです。
入店すると、こんな感じ。
いろいろ
机の上には、「預言CAFE」の本があって、ちょっとはわかるのかな?
この本ね。

入店してから、注文して、預言してくれる人がきて、ICレコーダーやら、スマホのボイスレコーダーに録音してくれます。約3分くらい。ものすっごい早口で。
名前は、入店するときの順番待ちの紙にかくときくらいで、何で悩んでいるなんてことも何も言いません。
だから、余計に不思議です。
なんとなく、ぴったりくるものが来る。
テーブルのうえには、預言カフェの本と、あとは、録音したほうがいいですよ、とか、ま、普通のシュガーとミルク、って感じ。
普通です。

ただ、みんな1杯コーヒーのんだら、あっという間にいなくなってしまうから、回転率がすんごいと思います。当然、店の中で、勉強している人なんていません。
コーヒーはおいしいんですけど、なんとなく長居できないというか、録音してもらったものをもう一度自分でゆっくり聞き直したいから、速攻で帰るのかな?
まぁ、待っている人がたくさんいるっていることもあるかもしれません。
2014年くらいにテレビでも紹介されたっぽい。
あと、ネットで調べてみたら、その手のレポートも、Youtubeでの映像もありました。

なんだか面白いです。
私の場合は、思いっきり、通りすがり。
とりあえず名前書いて、その時間に戻ってきて、入って、どうしよう、何をどうすれば?と思いつつ、その「預言カフェ」という本を見てました。
見てもやっぱりどうしていいか、わからなかったので、周りを観察してました。
通りすがりですが、それでもなぜか、その日に限り、ICレコーダ持ってたので、録音してもらいました。
後日データにしてくれるのもあるみたいですが、スマホや、ケータイのボイスメモとかに録音している人が多数でしたよ。
男性も少ないですが、います。
子供連れもいました。
2人組とか、3人組とか、親子とか、いろいろのようです。
遠くから来ている人も(スーツケース持っている)。

入口は、こんな感じです。
預言カフェ

また、行くかもしれない。
次行ったときはどんな言葉がくるんだろう、っていう楽しみがあります。

広告

The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

ウルトラマンタロウが好きです。多分、私は、ウルトラの母になりたかった…。