ぐでたまのネガポジ図鑑 脱力しながら自分を見直す

ぐでたまのネガポジ図鑑 脱力しながら自分を見直す

ブックオフで薄いイラストの本を購入しました。
それが、「ぐでたまのネガポジ図鑑」。
寝る前に読むのに、ぼんやりしながら、くすっとなる本ですよ。

広告

ぐでたまのネガポジ図鑑 byサンリオ

ぐでたまのキャラクターは、その脱力感がすごい面白いのですよね。
しかも、つぶやきは、ネガティブ! そして、やる気ないのが全開!
で、今回は、そのつぶやきに対して、ポジティブな考え方とセットでイラストになっている。
お気に入りは、P30.
「つかれたー」
に対してのポジ発言。

例え何も
してなくても、
つかれたんなら
がんばったんだわー

そうかも!
と納得してしまった。
成果がすべてじゃないってことを思い出させてくれます。

もうひとつ、P46
「聞こえない聞こえない」
に対してのポジ発言。

小さなことは
スルーに限る。
長生きの秘訣だね

確かに! 確かに!
そうなんだよなー、いろいろ気にしすぎなんだよ、自分、っていうのもありませんか?
他の人なら、気にしないことまで気にしているとき、なんでそこまで気にする必要があるんだろう?って考えるのも大事。
あれね、過去から来たものか、もしくは、組織の中での思い込まされた何かかもしれない。
時々、「なんで?」って考えてみたほうがいいかも。
誰かにいいように使われているかもしれない。

というわけで、読み飛ばしてもいいところとか、深く自分を見つめなおす、簡単な言葉とか、みると、自分を縛っている何かに気づけるかもしれません。

と考えると、この脱力系のぐでたまのイラストは、結構貴重なんだよなぁ。
来年のカレンダーはチェックしたいなと、今4月なのに、そんなこと思ってる。
カレンダーが出るそのころには全部まるっと忘れているかもしれないけど。

以上である。

関連

今、私は、ぐでたま哲学を探しているところ。もう「3」まで出てるんだよ、すごくない?
やる気のないところがやっぱりいいのよね。きっとみんなチカラを抜きたい(脱力)したいんだ。タブンね。

(マーケットプライスだと結構安いなー、買おうかなー。お風呂でも読めると思うし。うーん。)
(迷い中)

広告

The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

ウルトラマンタロウが好きです。多分、私は、ウルトラの母になりたかった…。
CATEGORY :