【新形式問題対応】TOEIC(R) L & R テスト 究極のゼミ Part 5 & 6 byヒロ前田 2月28日発売だー。キンドルなら、今千円以下?

【新形式問題対応】TOEIC(R) L & R テスト 究極のゼミ Part 5 & 6 byヒロ前田 2月28日発売だー。キンドルなら、今千円以下?

Part5の問題集を探していたら、ヒロ前田先生の「【新形式問題対応】TOEIC(R) L & R テスト 究極のゼミ Part 5 & 6」を発見。
でも、よーくみたら、2月28日発売だから、予約しかできないな。

広告

【新形式問題対応】TOEIC(R) L & R テスト 究極のゼミ Part 5 & 6

TOEICが2016年5月から新形式になって、まだ一年にも満たないけれど、問題集のほうも、そろそろ本当の対応版が出てくるのでは?と思っている。
韓国版は、もともと出来る人なら、使えるんだろうけど、文法とか、日本語訳とか、もろもろ必要な私には、ちょっと無理であります。

で、ここからが本題。
今見たら、本体のお値段が、「2160円」であるのに対し、キンドル版は、「972円」。

「972円?」

1972円じゃなくて、千円以下の、その値段?
予約特典なのだろうか?
リーディングだったら、もともとCDはついてないはず、つまり、キンドルでも問題ないよね?

あ、でも待って。

※本書は『TOEICRテスト 究極のゼミPart 5&6』 (2012年度初版発行)を最新傾向に合わせて、加筆修正し改訂したものです。

チェックしてから買ったほうがいいかしら。

やっぱり、公式(2月17日発売の、「公式TOEIC Listening & Reading 問題集2」)をチェックしてから、考えようかなー。
ま、安いから、もともとの本を持っていなければ、今チェックしておくのもいいと思います。

とりあえず、せっせと英文法を終わらせようとしているところ。
以上

広告

The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、気が付けば1年間2か月で1084記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはや認知症予防の一環になりつつあり、・・・早く700点達成したい。 詳しいプロフィールはこちら