絵はすぐに上手くならない by 成冨ミヲリ デッサン・トレーニングの思考法

絵はすぐに上手くならない by 成冨ミヲリ デッサン・トレーニングの思考法

ついうっかり手に取ってしまった。パラパラしてみると、もの凄く面白いところがあったので、そこだけ読んだ。
その部分だけ紹介します。

広告


この本でやろうとしているのは、「すぐにうまくなる部分」と「すぐにうまくならない部分」を分類して提示しようとしている点。
私は絵は壊滅的で、書こうとも思わないが、見るのは好き。
スクリーントーンを張り込んで背景画像を作るのは大好き。
(だから、お金がかかります、かなり)

そして、この本の中で、私がガン見してしまったのは、「第二章 描画能力を分解する」のところ。
ジャンル別に必要な能力をチェックしていくのですが、そのジャンルのイラストがさもありなん、な感じで大うけでした。

ちなみにジャンルは以下の11個。

・企画アイディア系
・映像・写真系
・デザイン系
・3DCG系
・建築インテリア・空間デザイン系
・コンセプトアート系
・マンガ・アニメ系
・イラスト系
・ファインアート系
・具象アート系
・美大受験系

特に、映像・写真系のイラストで書かれた特徴に、こういう人身近にいるんですけど!みたいな。

ちなみに、映像・写真系の特徴は、

「ガジェット機械(メカ)が大好き」
映画やゲーム、いろいろ物知り、雑学王も多い。
「かくれオタともいう」
「収集癖あり。カバンは大きい、いろいろ入っている」
「考え方にセンスがある」
けっこうマジメ
服は無頓着派と、個性的なタイプに分かれる

となっています。

で、その人になるための、学ぶ能力についての提示があるわけですよ。

また、いたるところでアイディアの出し方なども書いてあるんですけど、これはブログにもつながるなーと思いました。
具体的には、スクラップブックを作って毎日見る、とか、写真撮影をする、などでしょうか。

普段はあまり読まないジャンルの本だったので、面白い視点でした。
やっぱり、技術は、トレーニング(練習)によってつくられていくんだなーと思った次第。

以上である。

広告

The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、気が付けば1年間2か月で1084記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはや認知症予防の一環になりつつあり、・・・早く700点達成したい。 詳しいプロフィールはこちら
CATEGORY :