赤い月は撮るのが難しいことがわかった。

赤い月は撮るのが難しいことがわかった。

1月31日の満月は、ブルームーンでスーパームーンで皆既月食の赤い月。いろいろ盛りだくさんな、天体ショーでした。宇宙って深いね。

広告

赤い月は撮るのが難しいことがわかった。

ちょっと油断してたら、あっという間に皆既月食に突入して、暗い空は、ひかりがなくて、赤い小さなのは、火星かしら?と思ったら、それが月のカケラ(見えている部分)だった。

まさかこんなに撮影するのが難しいだなんて、思ってもみなかったよ。

orz。

こういうときポーズなんだな、これは。

これがきっとブルームーン。
ブルームーン

そして、皆既月食が始まってしまって、途中の、赤い月。
赤い月
(これが一番輪郭がちゃんと見えている。)
(ちっちゃいほうが見えてるなんて、ヘンな感じ)

そして、月食が終わりつつあり、また光り輝く月。
光と闇のコントラストが強すぎて、まったく歯が立たない。
月
(まるで三日月のようだ)

赤い月がちゃんと撮れた人は、多分、多分。
ちゃんとカメラにしっかりお金をかけた人じゃないかと私は思っている。
光が少ない中での撮影だから、相当ちゃんとしてないと無理だよなぁと思ったり。

でも、ネットの画像を見る限り素敵な赤い月です。
そして満月は、でかかったわ。

まとめ

色んな初めてがあるもんだ。

以上である。
月

広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、2017年は、1280記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはやライフワーク!TOEIC700点達成を2018年の5月!多言語の勉強に楽しさを見出してます。今度は旅行でも活用できたらいいな。分子栄養学も勉強中。 詳しいプロフィールはこちら