満ち欠けスケジューリング術 MOON PLANNER著 月のリズムで計画するスケジュール法 深いわ!

満ち欠けスケジューリング術 MOON PLANNER著 月のリズムで計画するスケジュール法 深いわ!

ずっと前、手帳会議で見掛けて以来気になっていたムーンプランナー。その手帳術なので、ものすごく気になっていた。
あの、マンスりー手帳にも見えるけれど、そうでもない手帳は、いったいどうやって使うのかと。
それを解明したくて買ったのがこの本です。

広告

満ち欠けスケジューリング術 MOON PLANNER著 月のリズムで計画するスケジュール法 深いわ!

この本は、ムーンプランナー(という年2冊の手帳)の話でもあるけれど、それの裏に流れている新月、満月の月のリズムでの手帳術が書かれています。
特に、凄いなと思ったのが、どんな目標でも、「増やす行動」、「減らす行動」にわけて考えるということ。
それが、満月(減らす)、新月(増やす・吸収)に繋がっているというかんじ。
なるほどなーと思って、思わずムーンプランナーかっちゃいましたよ。

ムーンプランナーは、新月から、満月手前、満月から、新月手前の二週間の構成

二週間といっても、だいたい二週間という明確な日付ではありません。
すべては、月の周期による。
マンスリーブロックの手帳ですがときどき、ブロックのわくが大きかったりします。
(日付の数が違うので、数合わせもあるでしょうが、1日は、2枠だったり、新月・満月は、3枠だったりしてます)。

ムーンプランナーは、こうやって使うつもりである。

せっかく買ったんだし(高いと思ったけど)、サイズ的には、ほかのA5サイズの手帳に挟める薄さなので、挟むことにしました。2シーズンごとに。
そして新月の願い事は、これに書くことにして、それ以外には、ひとこと日記にすることに。
日記にするのに、とてもいい具合の大きさの枠なのです。何もなければ、なくてもよい。シールでも貼っておく。
こないだは、TOEICの証明写真のシールで、使わないサイズのシールがあったので、それを貼っておきました。
体重と共に。あと、5.7キロ痩せればあごのラインが消えるはず!!の写真です。

それはさておき、全てを一つにするのもいいけれど、目的別にわけるのもいいな、とこのごろは思っています。
そんなムーンプランナーの手帳と、そして、その根底に流れるスケジュール術でした。

一番いいのは、ほかの手帳にドッキングさせても全然邪魔にならないってことかも。
B6サイズくらい(2種類くらいあるみたい9
A5には足りない大きさ。
そして、2冊に分かれているので、薄い中綴じ製本。

関連本はこちらから、チェックできます。

広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、2017年は、1280記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはやライフワーク!TOEIC700点達成を2018年の5月!多言語の勉強に楽しさを見出してます。今度は旅行でも活用できたらいいな。分子栄養学も勉強中。 詳しいプロフィールはこちら