切手風のシールで、手紙を書くのが好き、だった。

切手風のシールで、手紙を書くのが好き、だった。

あまりにも暑くて、考えがまとまらないので、好きなものの一つ、切手風のシールについて書く。

広告

画像の切手シールは、1枚のシートに一面切手が貼ってあるシール。
時々、大き目もあり、なかなかいい。けど、少ない。

で、1種類につき8枚くらいずつのシールで、8種類くらいのものを見つけるとするに購入しているんだけど、なぜか今手元にない。
全部使ったわけではないので、断捨離したわけでもないので、多分どこかにあるとは思うんだけど、なんにでも使うシールである。
大体、TOEICのテキストに飾りとして貼ってるときもある。
(これはマスキングテープでやっているときもある)
マスキングテープや、沢山のシールがあるから、どんなにシンプルなノートや、手帳や、テキストでもカラフルにできる。。
もちろん、目立ちすぎるのがイヤだという人は、内側をハデハデにするのも可能。
外側から見えなければいいので、中は、派手なものも結構いい。
テンション上がります。

今回アマゾンで見つけた切手風のシールは、量がすごい。
お値段が、1590円。安い?高い?微妙だ。
私、金銭感覚おかしくなっているのだろうか。

手紙について

この切手風シールをみながら、今年は、ずっと手紙を書いていないなーと思ってしまう。
いつから手紙を書かなくなったのだろう。
はがきもあまり書かなくなっている。
これからは、ずっとこんな感じなんだろうなぁ。でもfacebookや、ブログや、メールや、何かでつながっているってことなんだろうな。
距離は、近づいているのか、遠くなっているのか、よくわからないね。

あなたにおすすめ!

広告

The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、気が付けば1年間2か月で1084記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはや認知症予防の一環になりつつあり、・・・早く700点達成したい。 詳しいプロフィールはこちら
TAG :