グランプリファイナルをみながら(2016)、TOEICのPart7の固有名詞を思ってる。

グランプリファイナルをみながら(2016)、TOEICのPart7の固有名詞を思ってる。

ここんところ、テレビも何も見てない状態だったから、リアルで見れるとは。
ラッキー。
ネットのニュースだけ見てると、なんだか、混乱する。
もうすでに現地では、演技は終わっているから、安心してみれるんだけど、それはそれで、まぁいいか。

広告


そんなわけで、あとで、Youtubeを漁ろうと思っていたけど、リアルタイムで見れている。
ぼーっしつつ見てる。

で、ふと思うのです。
このロシアな名前とかみると、今日受けてきたTOEICのリーディングの中に出てきた、固有名詞(名前とかね)について、あれはやっぱり必要なのか、と思ったのよねぇ。

前はそんなに、むずかしめの名前はなかったように思うので、必要なの?って思ってた。
(むずかしめの名前とは、長い綴りとか、ドイツ語風の綴りとかを指します)

固有名詞がなんで問題かというと、キーワードになるから。
キーワードとして設問の中に出てくるため、記事や、メールや、3つくらいの文の中から、情報を取得するために、あちこち見ながら読む必要がでてくるの。
それが、読みにくくてねー。

で、今、フィギュアの人たちの名前をみる。

。。。。声に出すのツライ名前があるなぁ。
ロシアの名前とかは、そうなっちゃうから、やっぱり名前って特別なものなのだなぁ、、、と思っているのであった。

全然関係ないけど、女子の優勝者、エフゲーニャ・メドベージェワの、口紅いいよね。
どこのメーカーなんだろ。
そんなことが気になっています。

赤い口紅を見ると、この本を思い出す。

なかなか思ったのが見つからなくて悔しいかんじ。

以上

広告

The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、気が付けば1年間2か月で1084記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはや認知症予防の一環になりつつあり、・・・早く700点達成したい。 詳しいプロフィールはこちら
CATEGORY :