もやもやを吐き出すのはね。自分のためなの

もやもやを吐き出すのはね。自分のためなの

今日あたりTOEICの受験票が届くはずなのだが。
SNSで流れてくる「受験票きた」のつぶやきを見ると、焦る。
うちまだきてないしーと思うのだけど、きっと今日の夜には手にできるはずだと思っている。
そんなもやもやから生まれた、書くことについての考察(みたいなもの)。

広告

もやもやを吐き出すのは自分のためなの。

もやっとすることが多すぎて、微妙である。
ストレングスファインダーの「運命思考」さんと以前話し合ったことがあるのだが、「運命思考」さんは、もやもやを書くことで解消できる特性もあるらしい。
書いたら、忘れる。
そういう感じ?

で、書くんだけど、書くんだけど。

どこまで書いたらいいの!?

つまり、終わりが見えない。
だから、こまっておる。

困ったときの対処法。

1.きっと血がうまく巡っていないのだ。酸欠なのだ。
というわけで、立ち上がって動き回ろう。
動くことで、少し、景色が変わる。
目に入るものが変われば、少し、視点も変わる(はずだ)。

2.睡眠不足。
つまり、頭がキレキレに動く状態じゃないので、書いていることも、書いていてさえいても、ぐるぐるになっておる。
ダメだ。瞑想か、呼吸に集中するしかない。

3.水不足。
水、飲んで、少し落ち着きましょう。
冷たいのがいいです。
つまりは気分転換。

4.ほかに気になることがある。
・・・・それを書けばいいのでは?

まとめ

書けば書くほど、、、良くなるはずなのだ。
多分。

信じるのも手。
とりあえず、走りに行くのも手。

以上である。
からあげ
※アイキャッチの画像は、から揚げ屋さんの定食のオープン記念価格のやつ。
漬物にほれた(ご飯のうえに散らばらせてあるものね)。

広告

The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、気が付けば1年間2か月で1084記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはや認知症予防の一環になりつつあり、・・・早く700点達成したい。 詳しいプロフィールはこちら
CATEGORY :