THE MASTER マスター@OSHO ZEN TAROT

THE MASTER マスター@OSHO ZEN TAROT

OSHO ZENタロット。

TOEICに行く前に、引いてみたカードがこちら。
大アルカナの一番最後のカード、THE MASTER。

広告

THE MATER マスター

なんだか、ちょっと重そうなカードです。
カード
カードの蝶は外側にあるもの=幻想、絶えず動いているもの、の象徴。
では、蝶の後ろは?
コアの部分?
外側を見るよりも内側を見つめるのが、とあるので、瞑想するのがいいのかも。
つまり、ココロを鎮めろってことなんだろうな。

解説を見ても、ちょっと難しい。
マスター=自分の中にいるマスター。
他人のあれこれに惑わされないってことなのかしら?

解説を読んでみると。

これがまたまた難しいから途中から引用してみることにする。

ひとたびあなたの覚醒が炎になったら、それは、マインドがつくりあげた隷属全体を焼きつくす。
自由ほど、自らの運命のマスターであることほど貴重な至福はない。

そのマスターへは、瞑想とか、によるのかな。
「概念ではない覚醒」とか、いろいろ書いてあるけれど、このマスターが覚醒するとこうなるとも書いていある。

いまや、あなたは自分をもっと楽しくしてくれること、自分を満たしてくれること、自分に充実感をもたらしてくれること、自分の生を芸術作品に、美にしてくれることだけを行ない、それに基づいて行動することしかできない。だが、これはあなたの中のマスターが目覚めて初めて可能になる。

最後の一文が憎いね。
マスターが目覚めないと、それは可能ではない、ということだ。

結論として

で、結局どうするの?という感じですが、最初から、目覚めたと仮定して、自分にフォーカスしてみる、っていうのがいいかな、と思いました。
外側の判断基準よりも、内側、っていう話なので。
過程を真実として、先に行動するのもありかなーと。

なるほど、、、これが禅問答か。
どっちか、先かという概念に矛盾を生じる、的な?

面白い。

以上である。

関連情報はこちらです。

via PressSync

広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、2017年は、1280記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはやライフワーク!TOEIC700点達成を2018年の5月!多言語の勉強に楽しさを見出してます。今度は旅行でも活用できたらいいな。分子栄養学も勉強中。 詳しいプロフィールはこちら