カメラ、写真、どうやって感性を磨いていくか。思うこと。いい写真は、どうやって撮るか。

カメラ、写真、どうやって感性を磨いていくか。思うこと。いい写真は、どうやって撮るか。

何故か書きたくなってしまったシリーズ。
書いてしまえということで、思うこと、書いてみます。

広告

カメラ、写真、どうやって感性を磨いていくか、思うこと。

一言でいうと、感性を磨くには?なのかもしれないけれど、いい写真を撮るには?に言い換えることもできる。

そして、その「いい写真」は、自分にとっていい写真ならば、自分がどう思うかと追及していくしかない。

写真の感性を磨くには。

写真は、いつの間にか上手になるんじゃなくて、やっぱり場数だと思う。
場数といっても、ただ単に撮ればいいんじゃなくて、目を養うことも大切。

じゃ、目を養うにはどうすればいいか。
自分がいいなと思った写真を研究すればいい。

誰かがいいよねーというものではなく、自分がいいと思ったものです。
メニューの写真でも、こんな角度から撮ればいいのか、とか学びはいろいろある。
そう考えると、雑誌や、テレビカメラのモノの切り取り方は、とても勉強になるのです。

そして、そこに、自分が好きと思える構図。
研究していくほどに、面白さが増えていくコツですよ。

いろんな写真集(風景とか、人物も含む)も見てるとお気に入りの構図があるはず。
ファッション雑誌は、、、、モデルの表情にブーイングが止まらない。
まぁ、服がメインだから、わざとなのかもしれないけれど。

そんなことを考えつつ、写真の奥深さにまた魅かれていく。
でもそんなに機材にお金はかけたくないので、自分のできる範囲で楽しむっていうのが、今風なのかも。

で、結局どうしたらいい写真が撮れるの?

自分がいいなと思う写真の構図を真似するべし。
素材サイトの写真で、気になる写真を見つめるべし。

似たような風景を見つけたら、まずは、真似から、入ればいいのだ。

以上である。

広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、2016年は448記事、2017年は、1,280記事、2018年は、1,456記事を書きました。2018年12月現在の記事数は、3,184記事。「書くのが好き」の成せるワザです。TOEICは30回以上受け続けています。もはやライフワーク! TOEIC700点達成を2018年の5月に達成!目標は900点。多言語の勉強に楽しさを見出してます。今度は旅行でも活用できたらいいな。2018年、分子栄養学認定カウンセラー試験合格。合格してからが、スタートです。健康に関しては、本当に知識はチカラだと思います。 詳しいプロフィールはこちら