変わりたい人の逆転メソッド TOEICテストは「30秒」を続けなさい 鈴木清一郎著 今読んでます

借りてきた本なのだけど、このままでは、忘れてしまいそうだ。
だから記しておこうと思う。
TOEICの勉強法の本のようですよ。

広告

変わりたい人の逆転メソッド TOEICテストは「30秒」を続けなさい 鈴木清一郎

TOEICの勉強法、または、解き方の指南書かな?
多分そうだろうと推測する。

発行が、2011年12月22日なので、新形式前の本ですが、参考になることはあるかもしれないと思ったので。

著者はどんな人?

と、いうのも、この著者のプロフィールにはこういうふうに書かれているからだ。

つまり、学習法には、秘訣があるらしい。
それを読みたい。
「変わりたい人」のほうは、多分「コミュニケーション」能力がかかわっているに違いない。
英語をマスターしたら、自信になるでしょ。そして英語はツールだ。だから外国人とコミュニケーションができる、自信に、、というスパイラルではないかとにらんでいる。

この本からはこう学びたい

まだ1ページも読んでないし、まだ目次もみていないんだけど。
TOEICの点数を上げるための秘訣を学びたい。

はじめに、によると、
「英語」というツールは、「人生」を変えることもあるらしい。
英語が出来るだけで、「チャンス」が増えるらしい。

確かにそうだ。

TOEICって

履歴書に書くことのできるのがこのTOEICという試験の点数。
みんな、それだけで能力を計ることは出来ないと知っていても、その記録があるだけで、ちょっとは安心するみたい。
つまり「基礎」があるってことになるのかも。
「下地」かもしれないけど。

ま、「喋れる」のほうは、また違う能力なので、これでは計れないけれど、その人のやる気を見ているという人事もいるので、ムダではないと思う。
特に英語に関していえば。

まとめ

あぁ書いていると読みたくなってきたなぁ。
しかし、時間が、、、
30分じゃ読めそうもないので、もうちょっとまて。
そのあとで、しっかり記事にできたらいいなぁ。
早く、いろいろ用事を終わらせてよもう。

以上である。

広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、気が付けば1年間2か月で1084記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはや認知症予防の一環になりつつあり、・・・早く700点達成したい。 詳しいプロフィールはこちら