ボーク重子著 世界最高の子育て テレビで見てめちゃくちゃ気になった。

ボーク重子著 世界最高の子育て テレビで見てめちゃくちゃ気になった。

著者のボーク重子さん、インパクトが強すぎる~!

パッションモンスターなんていう名前を付けられつつも紹介されていたけれど、本当に、その「パッション」が凄い。
(ちょっと、引く)

その中で出てきたのが、この「世界最高の子育て――「全米最優秀女子高生」を育てた教育法」という本。

本当にちらっとしか見えなかったけれど、「重子」で検索したら、候補に「ボーク重子」って出てきて、それだ!とチェックした次第。

さすが、みんな探しているのでしょう。

世界最高の子育て――「全米最優秀女子高生」を育てた教育法
ボーク重子
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 8

広告

ボーク重子著 世界最高の子育て テレビで見てめちゃくちゃ気になった。

全米最優秀女子高生を育てた教育法という言葉が、本の最初に入っているくらいに、凄い。
日本人の母、アメリカ人(外交官)の父の間に生まれた女子高生を教育した人ということだけれど。

テレビで紹介されている部分からみると、スピーチをすること、つまり自分の考えをいろいろな機会に、言うようにすることってやつです。

日本人の教育で戦後、抑えられてきたやつね。
やっぱり、教育って凄いなぁと思ってしまった。

そして、著者の肩書は、それ以外もあって、私がとっても気になったのは、「ライフコーチ」という肩書。

個別にクライアントも抱えていて、コーチングの一種なんだと思うけれど、ひたすら、質問をする。

テレビは、この「質問をする」というところにフォーカスされていたように思うのだけど、コーチって質問をする人なのか?

そんなところが気になって気になって。
思わずこんな時間まで起きている。

まとめ

キンドル本でも売っているので、ちょっとチェックしてみようと思います。

キンドルは、読むけれど、あまり覚えていられない。
紙の本は、読み始めるまでに、時間がかかる。

どっちにしようか迷っている。

以上である。

関連情報はこちら。

実践した目標達成方法がこちら。

ほかにも本出していた。私こっちのほうが読みたくなってしまったよ。

広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、2017年は、1280記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはやライフワーク!TOEIC700点達成を2018年の5月!多言語の勉強に楽しさを見出してます。今度は旅行でも活用できたらいいな。分子栄養学も勉強中。 詳しいプロフィールはこちら