健康の結論とピロリ菌やばい 堀江貴文著 気になる本2冊

健康の結論とピロリ菌やばい 堀江貴文著 気になる本2冊

4月の後半に、ホリエモンの新刊で、健康関連の本が2冊も予定されているっぽい。
同時取材で、大きいテーマに関しては、別に本にしたということなのかな。
超気になる。

広告

健康の結論 by堀江貴文

お医者さんにインタビューしてまとめたもの、らしい。
ホリエモンでさえも、健康は、必須で、みんなと同じように歳をとるから、やっぱり気になっているのでしょう。
健康が害されたら、もう、イキイキ過ごせないものね。無理もきかないし。
私の理想は、ちょっとは無理のキク身体です。

ピロリ菌やばい by堀江貴文

こちらは、ものすごい直球のタイトルで非常にびっくりしました。
こんなに話し言葉的に、直球なのってある?
というわけで、ピロリ菌には、全く興味ないんだけど、きっとそれは、ホリエモンもおんなじで、知識を入れてみたら、なにこれ、やばい、っていうことで本になったんじゃないかと勝手に考えているのだった。
(私の妄想ですよ)

まとめ

きっと買うだろうなぁ。
高城剛氏の健康の本(まだ読んでない)がでてから、私の中の世界は、かなり分子栄養学よりですよ。
なんてこったい。

以上である。

広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、2017年は、1280記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはやライフワーク!TOEIC700点達成を2018年の5月!多言語の勉強に楽しさを見出してます。今度は旅行でも活用できたらいいな。分子栄養学も勉強中。 詳しいプロフィールはこちら