キングジム テフレーヌ 最近はまっているルーズリーフ しばらくこれで行こうと思う。

キングジム テフレーヌ 最近はまっているルーズリーフ しばらくこれで行こうと思う。

ノート術、手帳術で、いろいろあるけれど、最近の私の中での大ヒットは、キングジムのテフレーヌ(というルーズリーフのバインダー)です。

広告

キングジム テフレーヌ 最近はまっているルーズリーフ しばらくこれで行こうと思う。

ルーズリーフは、30枚までしか入らないが。。。。

こんな感じ。
白いのが良かったんだけど・・・まぁいいか。
テフレーヌ

しかし。
いいところがいっぱいあって、使ってみると、さらに、これ凄い!ってなるのだよ。

テフレーヌのいいところ

テフレーヌのいいところは、普通のリングノートのように使える。
そして、リングノートと違って、真ん中のリングに当たる部分がないので、手に当たらない。
さらに、リーズリーフ形式なので、ノートの入れ替え自由。
必要な分だけ持ち歩ける。
だから、軽い。
ココロも軽い。
いい感じです。

テフレーヌの問題点

まだ全然思いつかないのだけれど、やっぱり30枚までというところかな。
とは言え、それもワイド版というサイズもあるので、問題にならないかもしれない。

7月は、バレットジャーナルもテフレーヌでやってみるぞ

そんな気持ちでいっぱいなのであります。

ハンズとかで売っているはず。
定価では、A5で、450円くらい、B5で、500円くらい?

その辺の値段。
高い?
安い?

使ってみてから判断しよう。

以上である。

関連情報はこちらです。

広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、気が付けば1年間2か月で1084記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはや認知症予防の一環になりつつあり、・・・早く700点達成したい。 詳しいプロフィールはこちら