暮らしと自分を、もっと楽しく整える ごきげんゆるノートBOOK なかむら真朱著 すんごい本だった。

暮らしと自分を、もっと楽しく整える ごきげんゆるノートBOOK なかむら真朱著 すんごい本だった。

インスタやツイッターで気になるノートを発信しているなかむら真朱さんのノートの本が手元に来た!

広告

暮らしと自分を、もっと楽しく整える ごきげんゆるノートBOOK なかむら真朱著 すんごい本だった。

ごきげんゆるノートBOOKとは、ノート術というよりも、凄い本でした。
1人の人の、一年に使っている手帳は、1,2,3,4冊?
え、何冊?
と、思うほどですが、多分、それぞれの目的に合わせて使うみたい。
(・・・複数使いの中身が、ジブン手帳とほぼ日も併用??とは!ヤバい!)

そして、この本の製本も糸がかり製本?でしょうか。背表紙がなく、180度パタンと開く本。
見やすいです。

肝心のノートについては、たくさん参考になるのがありました。
本

参考になったところ。

いろんなカラフルな色を使ってしまうけれど、グレーのドットだけで、チェックボックス代わりになるなんて!
凄いです。

そんな感じでやろう!と思える技(わざ)が多め。

私は、こんなふうに沢山のノートは使えないだろうけれど、短期、中期ノートという考え方も参考になりました。

書くのが好きな人は、真似してみるといいと思う。

まとめ

180度パタンと開く本。
実は、私にはこれで2冊目なのですが、オールカラーの本だとやっぱり見ごたえあるなーと思いました。

以上である。

関連情報はこちらです。

広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、2017年は、1280記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはやライフワーク!TOEIC700点達成を2018年の5月!多言語の勉強に楽しさを見出してます。今度は旅行でも活用できたらいいな。分子栄養学も勉強中。 詳しいプロフィールはこちら