逆算手帳のマンスリーの話。マンスリーには日記を書いてみたいと思っている。

逆算手帳のマンスリーの話。マンスリーには日記を書いてみたいと思っている。

手帳のアイディアは、使いこなしている人の手帳からアイディアを得る。
やっぱり自由度が高いなーと思った。
今度こそ使いたいから書くことを決めるのもいいね。

広告

ユーザー同士のアイディアからパワーが湧いてくる。

逆算手帳ユーザー同士の集まりがあるなら、見せてもらった方がいい。
是非に。
自分のも見せるほうがいい。

そして、気になる使い方があったら、速攻で取り入れるのもありですよね。
だれの真似でもいいのです。

ということで、自分にできそうなことを取り入れてみるのに、見せてもらいました。
野望が書かれていたり、写真からの野望がわかったり、楽しそうなのをたくさん見ることで、自分もやろうというパワーが湧いてきます。
テンションじゃないのよ、パワーが湧いてくるのよ。

頭ではわかっていても、出来ないコトってあるわけで。
それを、そうやってもいいんだ、みたいな例を見せてもらうと、自分でも出来そうに思える。
そして、多分出来るに違いない、ということから、パワーが湧いてくるのですよ。

マンスリーブロック部分は、予定を書いていたけど、日記にするほうがいいな、と思った。

ブロック型のマンスリーは、予定を入れるために使っていたんだけど。
やっぱり日記にするのがいいなと思った。
日記としては、小さな文字で書いていけば、案外沢山かけるスペースです。

それを日記にするなら、いったい予定はどこに?
コボリさんは、デジタル(グーグルカレンダーとか、スマホのカレンダアプリとか)を活用しても何してもいいと言ってました。
でもな、紙にも書いておきたい気がするわけで。
となると、こういう方法がおススメ。

コピー、そして、マステで貼る。どこに? ガントチャートと陸続きに。

逆算手帳のマンスリー部分は、最初にコピーして、そして、ガントチャートのところに、貼り付けて予定を書いていくものにすると。
もともとのマンスリーのところには、1日の日記を書く。
埋まらないところがあったら、シールでも切り抜きでも貼っていくと。
後で見返して、ワクワクする感じにすればいいみたい。
少しだけならば、デコるのも可能かもしれないと思い始めてきた。

私も以前から、一言日記つけてみたいと思っていたんだけど、そうなると日々の予定はどこにかくの?になってしまう。
だから、なかなか思い切ることができなかった。

でも先にマンスリーのページのコピーをとって、マステでガントチャートのページに貼り付けて、予定用のマンスリーと日記用のマンスリーに分ければ解決してしまうね。

ほんの少し、手帳が太くなるかもしれないけど、もともと薄いので問題なし。

まとめ

日記の内容は、イイこととか、残しておきたいポジティブ系にするのがいいみたいだよ。
気の滅入るようなことを、あとあと読み返すというよりも、イイことを忘れないようにするのがよいってことだ。

そう考えると、わくわくしてきます。
2019年の手帳では是非、そういうのをやってみたい。

以上である。

関連記事はこちらです。

ギャクサン朝活@WeWorkに行ってきた。逆算手帳を続けるコツを学んだよ。
逆算手帳のライフビジョンの話。他人に見せることで夢が叶いやすくなるらしい。
逆算手帳の習慣 ふわふわした夢を現実に変える コボリジュンコ著 手にしてる。
逆算手帳 2019 書き出す前の下準備してます。
逆算手帳 2019ダブルマンスリーが手元にきた。
逆算手帳 2019 ダブルマンスリー手帳 結局買っちゃいましたよ。

広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、2017年は、1280記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはやライフワーク!TOEIC700点達成を2018年の5月!多言語の勉強に楽しさを見出してます。今度は旅行でも活用できたらいいな。分子栄養学も勉強中。 詳しいプロフィールはこちら