最小限主義 by沼畑 直樹 ミニマリズムの暮らしの哲学がちょっとだけわかる本

最小限主義 by沼畑 直樹 ミニマリズムの暮らしの哲学がちょっとだけわかる本

私は、捨てても捨てても収集してしまう、モノが多いので、ミニマリストに憧れます。
だから、また図書館で、見つけたこの本に、魅かれてしまったのです。

広告

何もない状態は、努力の結果である?

衝撃を受けたのは、「好き」なものまで、捨ててしまったという点。
「ときめくもの」を残すから、それさえ捨てる。
そして、最小限のモノで暮らす?
だから、副題に

「大きい」から「小さい」へ モノを捨て、はじまる“ミニマリズム”の暮らし

って言葉が入っているんだろうなーと思います。

好きなものも捨てる

この本は、著者の今までの済んできた地に興味がわく。
旅っていうわけじゃなく、「住む」をしているのに、旅な感覚が新鮮。
ミニマリズムというよりもそういう「生きる」を実験してます的な。

モノは、結局あるわけだが、それを片付けて見えなくする、というような感じ。
ここに努力をしているというのを感じる。

ミニマリストは、モノがないから、片付いているんだと思っていたけど、そういうわけでもないらしい。
小さい家のほうが、いいとか、「小さい」を好んでいるサマが私には、シンセンでした。

幸福論 = ミニマリズム

「大きい」から「小さい」へ。
これが、できたら、面白いだろうなーと思いました。

まとめ

私もモノを減らしていきたいなーと思って、「ときめくもの」をどう判断すべきかとか、思えば、「好き」さえも捨てる、でも、人生を捨てたわけではない、という考え方がシンセンでしたよ。

少しずつ、いらないものから、捨ててみようとおもいます。

広告

The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、気が付けば1年間2か月で1084記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはや認知症予防の一環になりつつあり、・・・早く700点達成したい。 詳しいプロフィールはこちら
CATEGORY :