第227回のTOEICこぼれ話 いいのそれ?っていうのがあったんです。

第227回のTOEICこぼれ話 いいのそれ?っていうのがあったんです。

今日は、今書くとだめかなーでも書いちゃう。
忘れてしまいそうだから。
でも、これさ、ダメな気がするやつだけど。
とりあえず書いてみる。

広告

第227回のTOEICこぼれ話 いいのそれ?っていうのがあったんです。

今回は、とある大学での開催。
で、今回の、「いいの?」って思ったのは、試験監督さん。
うーん、多分大丈夫のような、違うような、何してたのか気になる。
めっちゃ気になることをした。

それは、リスニングのときだった

TOEICは、リスニングのときは、リーディングの問題を解いてはいけないというルールがあります。
でもね、リスニングに集中していると、「カリカリカリカリ」って何かを書きつけている音がするわけ。
リスニングは、聴いてから塗るので、塗るタイミングはみんな似ている。
なのに、「カリカリカリ」って音がするから、何、こんなに堂々とリーディングやっている人いるの?!って思ったら、試験監督だった。
気が散るからやめてほしいんだけど、、と思ったけど、集中すれば、、、。
いや、私修行が足りないので、気になってしょうがなかったです。

何を書いていたんだろう

一番前で、何かの紙に、カリカリカリと書きつけている。
あれは、なんだったんでしょうか。
まさか、リスニングの問題を書きつけていたわけではないですよね?

気になる出来事でした。

まとめ

うーん、本当にあれはありなの?

昔、多分一度もTOEICを受けたことのないらしい試験監督が、リスニング終了時(受験生はすぐにリーディングを解くことに移る)に、なぜかマイクを持って、「引き続きリーディングの問題を解いてください」とコメントしたとき以来の衝撃でしたよ。

本当に、何してたんでしょうね。

以上である。
※アイキャッチの画像は、本日の受験票の半券(っていうのかしら?)。
写真付きの本人確認書類は、パスポートもできるんだよ、知ってた?私やったことないけど、パスポートあるなら、たまにはやってみようかしら、と思ったり。
受験票

広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、2017年は、1280記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはやライフワーク!TOEIC700点達成を2018年の5月!多言語の勉強に楽しさを見出してます。今度は旅行でも活用できたらいいな。分子栄養学も勉強中。 詳しいプロフィールはこちら