美人百花2月号のかわいい筆箱が欲しくて、結局買ってしまった。

美人百花2月号のかわいい筆箱が欲しくて、結局買ってしまった。

美人百花2月号には、見過ごせないほどにかわいい「ふでばこ」がついていて、何度か本の前を行ったり来たり。
結局買ってしまったというお話です。
(今日買った本ではないけど、今日買った本のジャンルに入れてしまう)

広告

美人百花2月号のかわいい筆箱が欲しくて、結局買ってしまった。

美人百花のかわいい筆箱が欲しくて3月の雑誌が発売される直前に2月号買ってしまった
やっぱりかわいい筆箱。
ちっちゃな筆箱なので筆記用具は5分も入ればいっぱいになってしまうけど使い道としては、TOEICの試験用のシャープペンシルと消しゴムを入れるだけなら気分も上がる。

ふろくが可愛い。柄がかわいい

付録につられて買うのはそんなにないと思うんだけどふでばことメイクパレットはどうしても買ってしまうのだった。

▽これがゲットしたふでばこと、ペン。
筆箱とぺん

乙女気分もよくわかってるなぁと思います編集者
ただ、ペンは、書き味が、、、、ジェットストリームになれている人には、不評ではないかと思います。残念ながら。
かわいいんだけどね。

このふでばこは何に使おうか?

そしてこのふでばこの使い道は、もちろん、TOIECの試験セットにします。

1.3mmの太さ(芯)のシャープペン2,3本と、普通の0.5mmのシャープペンと消しゴム2,3個。
これだけをキュッと入れて、持って行くわけだ。

よさそう、よさそう。
3月号が出ているときの、2月号だけど、買ってよかったと思ってます。
一応アマゾンを貼っておこう。
▽これ。

まとめ

付録のお値段と思えば、雑誌1冊なんて、安いものだわ、と思っているのは、やっぱりなんかおかしい思考?
企画に負けてる?

それでもかわいいものはかわいいからいいのだ。

以上である。

広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、気が付けば2017年は、1280記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはやライフワーク!もっとずっと時間のかかると思ってたTOEIC700点達成は、2018年の5月!多言語の勉強はとても楽しい。この状態で、中国語会話を勉強すると、口から出てくるのは、英会話。文法が似ているのですね。日本語から考えるよりも英語から考えるほうが早かった。やっぱり言葉は面白い。楽しみは、長く続けたいのでまだまだTOEICを楽しみたいと思います。分子栄養学も勉強中。 詳しいプロフィールはこちら