第215回TOEICの感想です【行ってきた】

第215回TOEICの感想です【行ってきた】

今まで受けたTOEICの中で、最高の環境でした★
こんなことってあるのね、と思った次第。

広告

第215回TOEIC 行ってきた!

初めての大学だったから、きょろきょろしながら行ってきましたよ。
大学の構内は、紅葉がきれいでした。
りっこさんのブログもチェックして、ご飯もちょっとずつ、何回かに分けて食べて(結局ベンチでおにぎり)して、行ってきました。
大学の視聴覚教室みたいなところでした。
そして、いつものような、「板」のよう椅子ではなく、ちょっぴりクッションのついている丸いかんじのやつ。
(写真なし)

それでですね!
とにかく、風邪ひきさんが、ほとんどいない。
(咳き込む人がマジでいない、こんなこと初めて!)
わりと小さめの教室。
スピーカーがラジカセではなく、中型のスピーカーを、黒板のところに、1つだけ、真ん中に設置してあるんだけど、それが、とってもいい位置でした。

あと、スピーカーの音声は、どこかで操作している風?
ラジカセ時の、各教室っていうわけではなかったのです。

ま、1つだけ難点があると言えば、試験官の方の声がとっても小さかったくらい。
でも、それは、試験にはまったく影響しないので大丈夫。

感想。。。。

今回は、リスニング47分、終了時間15:02のテストでした。

P1:普通?
P3とP4の先読みに気を取られて全く記憶がない。
木のテーブル&椅子に向かい合って座っている男と女。外ね。
服屋の棚の品物みている男。とか。
たった6個しかないのに覚えきれない、、、、。

P2:普通?
昨日の塾でのやりかたを実践した、できた、はず。多分。
新形式になってから、本当に、変化球多くなってるなーと、思いました。
素直な回答って、もうないんじゃないの?

P3:普通とものすっごい早いのが混在。
びっくりするくらい一息で一気に畳みかける「女」の喋りにリズム狂わされるけど、その直後捨てて持ち直す。
P3からはリズムが大事なんだって。
今回図表問題は、2つ。
P4:・・・・
そういえば、P2とP3の練習ばっかで4の練習するの忘れてた、と思いつつ、先読みのリズムを保つことにチカラを注いでました。
内容は、まったく、これっぽっちも覚えてない。
出来たか出来てないかも全く、、、、。
図表問題3つ。
まったく先読みできず。。。

P5:易しいのあったよね?
なんだか久しぶりの熟語を見つけて、ニヤリと。
それ以外は、多分難しかったみたい

P6:・・・・
なんとも言えない。

P7:シングル(~175まで)
シングルの最後から2番目って、分かりにくいものあるよね。
最後よりもその1つ手前で時間かかりそうなやつ。
速攻捨てました。そのあとにもしかするとわかるものがあるかもしれないし、と思って。
P7:ダブル、マルチ(176~200まで)
ダブルパッセージは、読みなおすたびに、違う回答を選ぶことになり、最後はあきらめる。
さっぱりイミのとれない文章もあって、多分私の知らない世界のことだったかも。
一言でいえば、練習不足って感じ。。
リーディング(P7関連)は、12月に持ち越しかなー。
マルチパッセージに至っては、2つ、の意味全くとれない。ダメすぎでした。

その他

というわけで、リーディングが全然だめっていう感じでした~。
もうしょうがない。
今後の、12月と1月にかけようと思っている。

今回は、特になんのイベントもなく平和でした。

あ、TOEIC公開テストが、TOEIC Listening & Reading Testになってから、かなりSpeaking & Writing Testのほうにも力いれようとしているのねーと思ってたけど、Amazonギフト券1000円プレゼント、のキャンペーン中みたい。
応募するには、応募フォームにキャンペーンコードを入力しないといけないんだけど、
応募締切は、「2017年1月10日」ということは、12月のTOEIC(L&R)を受ける人もできそうな感じだよ。
私は、そっちはあんまり興味ないのでやんないけど。
千円のアマゾンギフト券もらっても、足りないくらいに受験料高いと思うのは、気のせい?

(あとでキャンペーンサイトへのリンク貼っておくね)

と、いうことで、11月のメインイベント終了!
ちょっと気が抜けた。。。。

長風呂予定。

この記事を読んだ人は、この記事も読んでます。

広告

The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月にブログを始めて、気が付けばブログ始めて1年間2か月で1084記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。早く700点達成したいです。 詳しいプロフィールはこちら
CATEGORY :