62円切手と52円切手とハガキはずいぶん書いていない

62円切手と52円切手とハガキはずいぶん書いていない

6月1日からハガキの値段が変更になってから、そろそろちゃんとしようと思って、50円ハガキの束を、郵便局で交換してきました。

広告


手元にあったのは、200枚の束の、残り。
200枚の束のうち、160枚くらい残っていただろうか?
50円のハガキですよ。

それらを、郵便局に持って行くと、1枚5円の手数料で、交換してくれます。
今回は、62円切手と82円切手にしてもらいました。
その数62枚+10枚。
(え、そんなに?)と思ったけれど、そのまま交換してきてしまった。
ハガキも混ぜておけば良かったかもしれない。

で、これ何に使おうかと。
豆乳の懸賞に応募するのに使うとしてもだ。
余る。

ハガキは、もうずいぶん書いていないなぁと思って、黄昏(たそがれ)てしまいましたよ。

いろいろなきっかけ(災害とか)で、どんどん疎遠になっていってしまいます。
多分、私も相手も疲れ果てて余裕がなくなっていったのだろうと思います。
で、数年がたち、気づけば、もうずいぶん連絡取ってないなーって。

住所変更出したような、出してないような。
今繋がっている人は、奇跡的な何かかもしれません。

以上。

広告

The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、気が付けば1年間2か月で1084記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはや認知症予防の一環になりつつあり、・・・早く700点達成したい。 詳しいプロフィールはこちら
CATEGORY :