人生にゆとりを生み出す 知の整理術 pha著 やっとゲットしたぜ。

人生にゆとりを生み出す 知の整理術 pha著 やっとゲットしたぜ。

以前から、買おうと思って、チラ見して(書店)、よし、買うぞと決めて入った書店では、見当たらなかったり、アマゾンでは、1ヶ月かかると書かれていたり、でなかなか手がでませんした。
この本!
やっと手に入れた。

広告

人生にゆとりを生み出す 知の整理術 pha著

表紙をめくると、こんな文字がかかれている。

そろそろ本気を出したいあなたへ。

そして、目次までの間に、なんと、「はじめに」として27ページの文章がすでにある。
(思わず目次ないの?って思っちゃったよ)
本

内容は。

一言でいえば、私の知りたいことがまとまって書かれている本になっていた。
って感じ?

いや、なんどもチラ見してるので、私、この本をどう読むかって言ったら、パラパラ、「あ、ここ!」っと手を止めて、その部分だけ読む。

そして、またパラパラして、次の気になったのをよむ。
さらに、目次をチェックして、気になるところを、見つけて、そのページを開いて、、、という感じ。

ノートの使い方(アイディア出しなど)もあるので、そこは多分相当重点的に読む、、、けど、ちょっと少な目。

という感じで、もうすでに、読んだような、でも、全然読めてないような、そんな感じなのであります。
一冊を通して読むのもいいけど、だいぶつまみ食いタイプの読み方をしてしまいそうな、この本。

それが、なんとなく感じる「ゆるさ」から来るのかもしれない。

書くことについてのコラムがよい

それは、132ページ。
「ぼくがなぜ書くかについて」という文章(横書き)がある。
その中でこう書いている。

書くことの効果として、書く前はよくわからなかったことが、「書いているうちにわかっていく」ということがある。

ここ、共感ポイント。
そのあとに続く、キーボード叩いて指を動かしていると、、、ってやつもいい。

あるわーって思う。

本の中でそういうところを見つけると、結構、ドキッとするわけ。
そんなことがあちこちにあるのが、面白い。
多分、つまみつつ、また読んで、寝かして、読むという読み方になるだろう。
読むのをもう少し楽しみたいから。

まとめ

著者の肩書が、【「日本一のニート」】となっているのも面白い。

というわけで、やっと手に入れた本で、ちょっと浮かれている。

以上である。

関連するリンクはこちら

▽著者のサイトは、こちらから行けますが、ブログは、そこからさらにクリックしていかないと見れません。
pha公式サイト

広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、2017年は、1280記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはやライフワーク!TOEIC700点達成を2018年の5月!多言語の勉強に楽しさを見出してます。今度は旅行でも活用できたらいいな。分子栄養学も勉強中。 詳しいプロフィールはこちら