君の膵臓をたべたい by住野よる著 涙活にいいかも。泣ける小説。

君の膵臓をたべたい by住野よる著 涙活にいいかも。泣ける小説。

今日はこの本、「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」という小説です。
カニバリズムではありませんのでご安心を。
図書館で借りて、一人になってから部屋で読むのがおすすめ。
通勤途中は、ちょっとマズイ状態になるかもしれないので、それはおすすめしない。
泣ける本です、、、。

広告

頭痛がするほどに泣いてしまったので、はっ、この本はルイカツ(涙活)にいいかも!と思った次第。

※ルイカツとは、簡単にいうと涙を流すことで、ストレスを解消することです。

それは、さておき。
小説です。
ちょっと怖いタイトルですが、主人公は若い。学生ね。

とにかく、泣ける。
でも、人間って不死ではないので、しょうがないんだけど、と思いつつ読みすすめていました。
泣けるんだけど、ヒロインの残したみんなへの文章が、考えさせれる。
死を通して、生きることを学ぶというかんじです。
それは、本だけではなく、現実でもそうなんだけど、いろいろと考えてしまいます。

タイトルについての説明も最初のほうで出てくるので、納得して、安心して読み進めることができます。

涙もいっぱい出たので、あとは、お風呂入って、副交感神経優位にして、寝るだけだ。

こんなのもたまにはいいかもね。
以上である。

広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、2017年は、1280記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはやライフワーク!TOEIC700点達成を2018年の5月!多言語の勉強に楽しさを見出してます。今度は旅行でも活用できたらいいな。分子栄養学も勉強中。 詳しいプロフィールはこちら