やっちまった体験をブログに書くのは、結局、自分のためになる。

やっちまった体験をブログに書くのは、結局、自分のためになる。

ブログの記事をかんがえるのが面倒、どうすれば書けるの、と言われたことがありました。
その時に、ちょっとしたトラブルがあって、「できないんです、これ」。

  ↓ ↓ ↓

「貸して」
「こうやればいいんだよ」

  ↓ ↓ ↓

「それ、記事にすれば?」
 PON! 
(なるほどっ)

広告

やっちまった体験は、誰かもやっている

そのうえ、自分でもまたやってしまう可能性が強い。
もしくは、設定関連なら、また忘れるかもしれないことでもある。

結果、自分で自分のブログを検索して、「そーだった!」
となることもある。

(え、わたしだけ?)
(いやいや、そんなことはない。きっとみんな通る道だと思うの)

ということで、面倒かもしれないけど、それは記事にしていいことなのだよ。
是非、ネタにしてください。

▽ちなみに、私の一番最初のやっちまった体験記事は、これです。
電気ポットが壊れた!?と思ったら。

(ほかにもあると思ったんだけど、探そうと思うときに限って、なかなか探せない)
(トラブっているときは、大丈夫よ、そのトラブルについての検索ワードが浮かんでくるから)

以上である。

広告

The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、気が付けば1年間2か月で1084記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはや認知症予防の一環になりつつあり、・・・早く700点達成したい。 詳しいプロフィールはこちら
CATEGORY :