真夜中に、月が見えるかと思ったけれど、一面雲に覆われていた

真夜中に、月が見えるかと思ったけれど、一面雲に覆われていた

真夜中近くの帰り道、今日は多分ハーフムーンのはず、なんて思っていたんだけど、夜は見事に一面が雲で覆われている空である。
何も見えやしないのだ。

広告

真夜中に、月が見えるかと思ったけれど、一面雲に覆われていた

一面雲ってことは、まぁ見えないわけだ。

そして気づく。

毎月、気になる、新月や、満月。
それ以外にも月を見る機会がある。

で、いきなり、こんな細い三日月?!となったり、あっという間に満月に近づいていたり。

見えない時間があったから、あっという間に感じたんだなぁと気づく。
毎日見てたら、少しずつの変化かもしれないけれど、時々しか見なければ、あれ?という気持ちになる。

まぁ、毎月、同じことが起きるわけですけれども。

月だけが変化するわけではない。

人間も一緒かな。
たまにあうと、印象がガラっと変わっていたり、また何か違っていたり?
もしくは、変化は見えないけど、内面は?

なんてことを考えたら、眠れなくなってきた。
とりあえず、ぽっちゃり体型にすぐなってしまうので、痩せたい。。。
と月に向かって吠えたい。。。。

しかし、今日は月が見えない。

まとめ

そんな気持ちを残してみたよ。

以上である。

※アイキャッチの画像は、6月ごろのハーフムーン的なやつ。
うっすら朧月夜で、木の隙間から、というおしゃれを狙って、うーんんん、と思った風景。
月

広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、気が付けば1年間2か月で1084記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはや認知症予防の一環になりつつあり、・・・早く700点達成したい。 詳しいプロフィールはこちら