人生を共に歩む人、振り返ってみると誰か必ずいる @マゼンタラブオラクル

人生を共に歩む人、振り返ってみると誰か必ずいる @マゼンタラブオラクル

今日のカードは、これだった。

人生を共に歩む人@マゼンタラブオラクル

ついつい引いてしまうけれど、それはそれで面白いので続いている。

今日引いたカードは、これ。
特に、問うものはないので、単純に。
そうしたら出てきたのがこれでした。

▼ソウルメイト:人生を共に歩む人

カードの意味は、ソウルメイトに会う前兆が出るか、既に出会っているか、ということらしい。

過去を振り返ってみると、一時期ものすごく仲良くなる人っというのが一定期間あって、そして、ちょっと疎遠になって、次の時代へ、というのが私のパターンだ。
例えば、中学校。
そして高校。

社会人になってから、5年くらいは、音楽仲間。
さらに、今度は、声優目指す仲間。
そこから次は、手帳仲間は、ほとんど全員なぜか、カウンセラーばかりだった。
(このとき、衛藤信之氏のメンタルヘルス協会のを極めてみた)。

瞑想のセミナーにとことんはまったこともある。
その時も、とても仲のいい人がいた。
魂の双子的な、感覚のような?
でも、やっぱり離れていくことになる。
離れていくのは、たまたまであって、別にケンカをするわけでもない。
自然とそうなるのだ。

星の周期のように、「じゃあ、またね」って感じで、離れていく。
離れていくところばかり書いているけど、そこばかりが印象に残っているのでしょうがない。

辿り着く先の今、現在

そして、今は、あれだ。
気が付けば周りは、全員ブロガーである。

仲のいい人が疎遠になるのは、どうも、一つの時代の変化みたいな感じで、今がある。
会えばまた、同じような感覚に戻ることはわかっているので、それはそれで不思議な感覚なのだ。
上手く言葉にできないわ。

まとめ

あれは、ソウルメイトなんだろうか。
さっぱりわからないのだけど、未だによくわかっていない。

で、このカードを見て、うーーーん、と思ってしまったのだった。

以上である。

via PressSync

広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、2017年は、1280記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはやライフワーク!TOEIC700点達成を2018年の5月!多言語の勉強に楽しさを見出してます。今度は旅行でも活用できたらいいな。分子栄養学も勉強中。 詳しいプロフィールはこちら