手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法 ミニマリストしぶ著 気になりすぎて。

手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法 ミニマリストしぶ著 気になりすぎて。

手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法」という本がつい最近から、私の目について、そのたびに、ざわざわする。
phaさん、また出したのかーとおもっていたら、全然違う人だった。
本の系統が似てるよね?
買って初めて気づいた、、、。

広告

手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法 ミニマリストしぶ著

冒頭の写真ページには、布団がない。床で寝るという凄い生活!
とあるけれど、読んでいくと、風邪ひいて寝込んだときに(2週間)、マットレスを買ったとある。

ミニマリストという肩書で、必要になったら追加するという感じなのかな、と思って、微笑ましく思ったり。

一番魅かれたのは、「カフェイン断ち」の言葉が入っているP125

125ページ(方法の24番目:中毒性のある食べ物を避ける)には、カフェイン断ちのことがサラッと書かれているけれど、実は、これは、第三章。

第三章のタイトルが、体を自由にする。というテーマだ。

この章は、じっくり読むけど、あちこちから読む。
ハウツー本(~の50の方法)とか、どの場所から読んでも、いいから、非常にラク。
気になったとこだけ読んで、実践。
そして、また時々見て、はっと思ってまた違うことをする。
そんな感じで読んでしまうので、きっと私は、まともに書評が書けないと思う。
でも、カラダを自由にする、だなんて、すげーと思った。

まとめ

つまり、ミニマリスト、って、モノから自由になる、いろいろな常識、とらわれから自由になるってことなんだと思った次第。

あぁ、憧れるな。
私も少しずつモノを減らして行こうと思う。
手ぶらで生きるには、ちょっと難しいかもだけど、フットワーク軽くしてみたい。

そんな憧れの詰まった本でしたよ。
(まだつまみ食い読みなんだけど)

そして今、わたくし、めっちゃ頭痛がしている。
調子ワルイ。

この状態からも脱したい。

そんなことを思っている。
寝るわ。

関連情報はこちらですよぉー

本屋で買ったんだけどさー、、、もしかして、キンドルにしとけばよかったんじゃないかと、今思っている。

広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、2017年は、1280記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはやライフワーク!TOEIC700点達成を2018年の5月!多言語の勉強に楽しさを見出してます。今度は旅行でも活用できたらいいな。分子栄養学も勉強中。 詳しいプロフィールはこちら