イベントやセミナーに行く、行かないを決める要因ってなんだろう?

イベントやセミナーに行く、行かないを決める要因ってなんだろう?

このごろあまりイベントやセミナーに行っていないので、ちょっとだけ考えてみた。

広告

イベントやセミナーに行く、行かないを決める要因ってなんだろう?

イベントとかセミナーってさ、自分が必要!って思ってないと行く気になれないものだと思っている。

お友だちの手伝い、そこはそれで、ヘルプの意味合い。
内容が気になるものであれば、結構気をはったヘルプになるけどね。

そして、今あまり行きたい!という気持ちがなくなってきているので、この変化は何か、なぜそう思うんだろうという疑問が湧いてきました。

セミナー・イベントの内容が気になる場合

考えてみた。
そのセミナーの内容が気になる場合。

それはつまり、同じ経験、体験をしたということなのかもしれないと思う。
その体験を自分となぞらえて確認したいのかもしれないと思った。

セミナー・イベントの主催者が気になる場合

主催者が気になる場合は、いろいろその人について調べている時だ。
そして、なるべくならお近づきになりたい、または、知りたい。
だから、直近のセミナーやイベントがあるなら、足を運ぶ。

そんな意味合いが強いのかもしれない。

何がなんでも行きたいセミナーもある。

その内容が今一番知りたいコトだったら、とにかく自分の予定を犠牲にしてでも行きたいセミナーってあるよね。
今じゃないと!!みたいな。

最近、そういうものだけでいいかなーと思い始めている。
その場合、最初に、気になる!
次に、自分のスケジュールのチェック。
そして、どうやったら行けるか?
この時点でもう行くことは決まっている。
でもすぐに申し込むわけでもない。
行けなくなったらかなり失礼だから、速攻でいろいろと調整するわけで。
調整している間に、席がなくなるときも、まぁ、あるな。
悲しいけど。

そういうときは、次を探すか、キャンセル待ちにする。
そんな感じ。

それ以外の、「なんか気になる」場合

そんなことってあるのか?
なんとなく気になって、そのイベントやセミナーをチェックしている。
でも行動は出来ない。
チェック・チェック・チェックである。

チェックしたからといって、特に何もしない。
何か行動を起こすとしても、そんなに動くわけでもない。
この感覚がなんなのか、いまだによくわからない。

全く興味がない場合もある

全く興味がないイベントやセミナーをなぜ気にするのかというと、主催者が知り合いだからちょっとは気にしているという感じ。

こういう場合行く?
いえ無理です。
気になる人へ譲ります。

まとめ:知らないコトには手を出せない、または、知りたいこと以外は欲しくない。

つまり、そのイベントがなんであれ、知っていることになら興味を持つ、らしい。
というのが結論だ。

だから、気になる事・気になるイベントは、いずれ何か実になる、、かなぁ、と勝手に思っています

知らないコトを調べて知り、そして実践したいと思って参加するっていうのが流れになるのかもしれない。

ひとりごとのような考え事でした。

以上である。

広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、2016年は448記事、2017年は、1,280記事、2018年は、1,456記事を書きました。2018年12月現在の記事数は、3,184記事。「書くのが好き」の成せるワザです。TOEICは30回以上受け続けています。もはやライフワーク! TOEIC700点達成を2018年の5月に達成!目標は900点。多言語の勉強に楽しさを見出してます。今度は旅行でも活用できたらいいな。2018年、分子栄養学認定カウンセラー試験合格。合格してからが、スタートです。健康に関しては、本当に知識はチカラだと思います。 詳しいプロフィールはこちら
Nanataro
2016年5月からブログを始めて、2016年は448記事、2017年は、1,280記事、2018年は、1,456記事を書きました。2018年12月現在の記事数は、3,184記事。「書くのが好き」の成せるワザです。TOEICは30回以上受け続けています。もはやライフワーク! TOEIC700点達成を2018年の5月に達成!目標は900点。多言語の勉強に楽しさを見出してます。今度は旅行でも活用できたらいいな。2018年、分子栄養学認定カウンセラー試験合格。合格してからが、スタートです。健康に関しては、本当に知識はチカラだと思います。

詳しいプロフィールはこちら