Over and Over ~夢は終わらない:カラオケバトルの曲【聴いてます】

Over and Over ~夢は終わらない:カラオケバトルの曲【聴いてます】

もうこの曲手に入れて聴いているでしょうか?
私は、TOEICの本といっしょに注文(しかも発売日が12月ごろ)して、さらに傷ついた状態で来たので、返品交換までしたので、手にいれるのが遅くなってしまったのでした。

広告

が、待ってよかった。

すっごい、いいよ!

この曲のためだけに、3000円払ったようなものだ、と言っても過言ではない。

やっぱり、一人ひとりが上手い人というのは、すごいことだと。
それをオールスターズとしてだすのは、それぞれのイイとこどりの歌になるんだなーって思いました。

飽きない。
聴いても、聴いても、また、聴く、感じ。

以前書いた記事は、こちら。

あぁ、以前書いたときも、興奮しているなーっていう雰囲気になってます。

Over and Over ~夢は終わらない K★Bオールスターズ

もともと、作詞:松井五郎 作曲:馬飼野康二 編曲:船山基紀という、感じで。

編曲の人は、知らなかったんだけど、派手な感じにしている、、というか。
ティンパニーの使い方が、素敵!

特に終わる直前の、ティンパニーの音には、ハート撃ち抜かれる感じ。

で、詞は、、、!

いいよ。

いいよ。

まじ、いいよ。

一番好きなのは、二番の歌詞のなかの、サビ部分の「愛」についての部分。

誰かと泣きながらケンカして、どんよりしている人には、かなりクルものがあるかもしれない。

言葉と涙と、愛と絆って。
組み合わせると本当にきれいだわ、みたいなオレンジ色の風景です。

紡ぐ、何かと 遊び心と

歌いだしから、宮本美季さん、林部さんと紡ぐところは、テレビでもやっていたから覚えている人もいると思うけど、耳だけで聞くのも、すげーいいよ。
(歌いだしの人、城さんだと思ってたけど、違ってました。訂正してます)

そして、一番が終わり、愛になった2番が終わり、間奏で、オペラった?

締めのさびには、超音波も混じってきて、ヘッドホンで聞くと、脳のどこかに、ビリビリきます。
これは、ヤバい。

で、最後の、最後の、ティンパニー。

超かっこいいんだから!。

Youtubeで、映像をずっと探しているんだけど、ないんだよなー。
⇒ありました。一番下に追記しました。

出せば、絶対に、これ目当てにCD売れると思うのにね。
公式って、、、仕事しているのかしら?(嫌味っす!)

・・・・本音は、私が見たいだけですが。。。

あと、林部さんのソロ曲は、ない。
残念ながら。

多分所属事務所とかの問題なのかもしれない。
きっと大人の事情ね。

だから、林部さんのは、別に買うことで問題解決だ。
糸とかね。糸は、会いたいに入っているようだ。

 ↑ ↑ ↑ 
2曲目にある、「愛と笑顔を、、、」って曲が最高。
弦楽器との相性がすごくいい声ってことを再認識できます。

まとめ

いいと思った歌は、(特に内容がポジティブなものは)、歌うと、自分の中のチカラになるんじゃないかって、時々思う。
とてもイイ言葉で組み立てられているから。

人とのコミュニケーションの中で、生きているわけだけど、みんな下手なの。
表現するのが。

だから、時々ね、変な言葉を使ってしまって、ピッキーンって固まっちゃう。
お互いに。

それをほぐすための、歌っていうのが、あるんじゃないかなーって思う。
1つのフレーズでも、ひっかかるのがあれば、それは、その人に大切な言葉と思うの。

と、いう感じで、いろんなことを考える歌が、入っています。

以上。

もうひとつ読んでいかれませんか

YouTube見つけました!

ポニーキャニオンからの公式だから、貼っておきます!
ついに!
映像が!
やったー。

嬉しいです。
あと、カラオケも、DAM(第一興商)であるっぽいので探してみます。
こないだ、JOYSOUND探したらなかったんだ。(歌28万曲、のMAXのほうにしたのにね!)
次は、間違えない。

広告

The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

ウルトラマンタロウが好きです。多分、私は、ウルトラの母になりたかった…。