自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術 by 深澤真紀

自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術 by 深澤真紀

久々の読書メモですよ。
「人間関係のメンテナンス術」ということで、手に取ってみました。

広告

自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術 by 深澤真紀

この本は、2009年に出版された本ですが、中に書かれているのは、タンタンと過ごしていくサマ。
友人関係という曖昧な関係や、恋愛もふくめて、いろいろな乗り切る考え方が紹介されています。

淡々と日々を生きる

淡々として「ポジティブ」でなくとも進んでいくために、失敗からのネガティブな学び方など、「そーかも」と深く来るものがあります。

トラブルのあった日は、目の前の家事(のような日常のささいなこと)を、一つしあげて、終わらせる。
例えば、電球を換える、など。
そうすることで、モンモンとしているトラブル(答えの出ない考えることしかできないこと)を抱えつつも、日常で、やることで終わらせる=成果を出せることを1つやる。
そうやって、こなしていくことで、トラブルに対処する方法も自然とできていく、っていう考え方です。

人間関係のほうも、いろいろあったけど、まぁ、いろいろと考えさせられることが多くて、もやもやする一歩手前な感じで。

こんな時に、多分、簡単なルーティンを着実に終わらせることが重要なのね、みたいな?

読んでみると、何か人それぞれに響くものがあるんじゃないかなー。
多分、何回か読んで、そのたびに違う言葉を拾ってくるような本ですな。

以上、久々の読書メモでした。

ちなみに、アマゾンからは、もう出品者からしか買えないみたい。
同じ著者の本は、何冊かでているので、チェックしてみようかなーって思っているところ。

広告

The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、気が付けば1年間2か月で1084記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはや認知症予防の一環になりつつあり、・・・早く700点達成したい。 詳しいプロフィールはこちら
CATEGORY :