あなたの人生、片付けます 垣谷美雨 読んだ

あなたの人生、片付けます 垣谷美雨 読んだ

以前読んだ「あなたのゼイ肉、落とします」と同じインストラクタ(ぽっちゃり)さんが出てくる話。今回のは、「汚部屋」の片づけから始まるのだけど、これも面白かった。

広告

あなたの人生、片付けます 垣谷美雨 読んだ

以前図書館で借りて読んだ本が面白かったので、また続きのようなものを見つけて読んでいる。
それが今回の、「あなたの人生、片づけます」である。
ハードカバー本もあるが、既に文庫版も出ている。

▽以前かいた記事。
あなたのゼイ肉、落とします 垣谷美雨 読んだ

今回のこの本は、2013年11月10日第一版。
4つの短編が収録されていて、その短編は、「小説推理」にて連載されていたもの。
4つの短編それぞれに、主人公がいるけれど、4つに共通しているのが、指導するインストラクターさん。
「ゼイ肉」のほうもこんな感じだった。
そして、今回は、「片づけ」がテーマ。
なかなか奥深い。

片付けるということ

4つの短編の1つめが、普通に、「汚部屋」ですが、それ以外は、そうでもない。
だから、「片付ける」っていうことについて、考えさせられる。

生きていれば、色々買うし、捨てる機会も失っていくわけで、結果、沢山のいろんなものが部屋の中、または家の中に貯まっていく。

いつか、使うと思っていても、いつかっていう未来は、不確定だし、未来はいろんな条件で変化していく。

深い、深いわー。

4編目にこんな言葉が出てくる。

喪失感の共有

過去の人間関係のつながりの中で、やっていたこととしての言葉だ。
傷はいえないけれど、「喪失感の共有」つまり、「自分だけではない」という気持ちの共有で乗り切れることがあるというような、言い方をしているところがある。

深い、深いのよ。
色々と考えてしまった。
最後は、ホロリとなる。

片付けるの前に、なぜ買ってしまうのかを考えてみる

モノを増やすから片付けなくてはいけない羽目に陥る。
わかっているが。

何故買ってしまうのか。
これもまた難題。

買う理由としては、いろいろあるけれど、便利そうだからとかもあるけれど、でも本当は、満たすために買ってしまうのかもしれないと思っている。

無意識でやっている「満たす」ための買い物ならば。
もちろん、その程度じゃ「満たされない」。

安全安心を満たしたり、足りなくなるかもしれないという未来(今でもいっぱい持っているのに)を回避するために買ったり。
いろいろあるなぁと思ったり。

捨てられないのは何故かも考えてみた

この本から、私が見えてきたのは、時間の流れ。
時間の流れの中で「捨てる機会を失った」というのが見え隠れ。

時間の流れというのは、人生のこと。
死ぬまで続く。
その中で、モノは増えていく。
増えたものは、捨てなければ、減っていかないのは当然だ。
そして、捨てる習慣ががなければ、当然、積もっていく。

持っているのもいいけれど、それぞれに使用期限を付けていくのが必要かもしれない。
一生ものの「モノ」なんて、今はもうかなり限られている。
私に限って言えば、全く思いつかない。

まとめ

「片付ける」は、結構深い。
「捨てる」も、やばい。
どちらも苦手だけど、環境をより良くするために、意識するのが大切かなーと思いました。

てっことで、この本は、深いですよ。
以上である。

本はこちらから。

こちらは、文庫のほう。

図書館にあるなら、そっちでもいいと思う。

広告

The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、気が付けば1年間2か月で1084記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはや認知症予防の一環になりつつあり、・・・早く700点達成したい。 詳しいプロフィールはこちら
CATEGORY :