日本健康マスター検定 略して「健検」の申し込み締め切りは、8月20日24時まで。

日本健康マスター検定というものがあるらしい。
公式ホームページに行ってみると、「”健康”を語れる人になる」というのが目に入る。
なんだかとってもカッコいい。
とミーハーな私は思いましたので、メモしておこうと思います。

広告

健検とは

特定の疾病や健康テーマだけでなく、全般的な健康を体系的にカバーする、「健康リテラシー」をはかる検定です。

あ、だいぶ難しそうだなぁ。
公式テキストも探してみたら、1冊ありました。
多分書店で探すのむづかしそうだけど、探すよりもアマゾンで買っちゃったほうが早い気がする。

▽こちら。

直近の試験日程は、10月1日

▽詳しいのは、こちらから。
試験概要・申し込み | 日本健康マスター検定(健検)

種類:ベーシックと、エキスパートの2種類。同時受験も可。
試験会場:全国27地区(那覇も含む)
試験時間:ベーシック:60分/エキスパート:80分
受験料:ベーシック 4,800円 / エキスパート 7,800円

健康に関する知識が増えるのかもしれない?

私が思うメリット

主催の協会は、一般社団法人 日本健康生活推進協会。
後援が、日本医師会とか、日本歯科医師会や、日本看護協会、等々凄い感じ。
そして、特別パートナーに、保険会社がある。

メリットとしては、「健康」に関することなので、健康に関することの知識が増えるってことでしょうか。
「健康を語れる人になる」がきっと目標なんだろうなぁと思う。

10月1日だそうですよ。
なかなか興味深いけど、公式HP見る限り、なんかとっても難しそうなのよね。
書店で公式テキストみつけたらチェックしてみるつもりです。

以上である。

広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、気が付けば2017年は、1280記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはやライフワーク!もっとずっと時間のかかると思ってたTOEIC700点達成は、2018年の5月!多言語の勉強はとても楽しい。この状態で、中国語会話を勉強すると、口から出てくるのは、英会話。文法が似ているのですね。日本語から考えるよりも英語から考えるほうが早かった。やっぱり言葉は面白い。楽しみは、長く続けたいのでまだまだTOEICを楽しみたいと思います。分子栄養学も勉強中。 詳しいプロフィールはこちら