好機、つまりチャンス@パンクタムでセルフコーチング

好機、つまりチャンス@パンクタムでセルフコーチング

Points Of Youのパンクタムでセルフコーチングです。
これもまた久しぶりです。
引いてみたら、「好機」という言葉のカードと、「何が私を押しとどめているのか」という質問カードが出てきました。

広告

好機、つまりチャンス@パンクタムでセルフコーチング

久しぶりのパンクタムで引いたのは、靴下のカード。
靴下カード
これから見ると、「足」、つまり、一歩ずつ、という地道な作業。
ショートカットなしという感じ
さらに、子供の足ゆえに、その一歩が非常に小さい、ベイビーステップかなぁ?

そして、注目すべきは、左右、違う靴下。
ベイビーステップはマルチでやっても良さそうです。

この状態は、言葉カードでいう「好機」。

「好機」つまり、チャンス。
地道すぎるけれど、1歩なら一歩なりにちゃんと進むということかなぁと思っています。

質問カードからは、「何が私を押しとどめているのか?」

何が私を押しとどめているのか?
つまり、出し惜しみしている?
失敗すると恥ずかしいから?

本当は、もっと出来るのに、やらないで、失敗の言い訳を考えている。
さ、さいあくだ。

失敗しそうなのが不安ってことなんだな。
やっぱり時間が足りないのをわかっているみたい。

心底から。

で、ここで、「好機」。
だから、チャンスだということは、、、、。
ヤマカンレベルが相当凄いことになっているってことかなぁ?

ピンときたこと(勉強に関して)に、どんどん力を注いでいく日にしたいと思います。
言葉、質問カード
<h3>まとめ</h3>
私のパンクタムの引き方は、「裏引き」。
通常は、表カードを見て、「ピン」とくるものを引くのが「表引き」。

私、表カードを見てみると、どれもこれも、違う気がするし、どれもそんなような気がする。
というわけで、諦めて「裏」で引いてます。
だから、「裏引き」なのです。

そのため、「あ、これは違うな」と思ったカードを引いたら、即引き直しを行うというルールを勝手にしています。
違うものは、違うんだから、さっさと次に行きましょうということで。

でも、引き直ししたこと、まだないんだよなぁ・・・。
だからパンクタムは面白い。

以上である。
<h3>関連記事はこちらです。</h3>
パンクタムを使い始めたよ@Points of You
私は何を変えたいのか@パンクタムでセルフコーチング(Points of you)
一休み@パンクタムでセルフコーチング、Points of you
エバンジェリスト養成講座を受けています@Points of You®
コーチングのカード Points of You®︎が気になっている。

広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、気が付けば1年間2か月で1084記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはや認知症予防の一環になりつつあり、・・・早く700点達成したい。 詳しいプロフィールはこちら