年収1億円になる人の習慣 山下 誠司著 今までの常識とは違うお話が満載でした。

年収1億円になる人の習慣 山下 誠司著 今までの常識とは違うお話が満載でした。

年収1億円になる人の習慣、この本を最初は買うつもりはなかったんだ。
なのに、1億円かーと思いつつ、本をパラパラと見たら、「え、そうなの?」というようなことが多々書かれていて、結果、そのままレジへと。。。
最近こんなのが多いなぁ。

広告

年収1億円になる人の習慣 山下 誠司著

今回も本屋で手にしてしまったら、そのまま買ってしまった本。
買ってしまうときは、だいたい夜の本屋なんです。
そして、夜の帰りの電車内で一気読みしてしまった。
疲れているから、寝る、っていうのが多いんだけど、この本は、うとうとする前に、「え、そうなの?」という驚きが次から次に出てきてしまったので、一気に読んでしまったのです。

▽表紙

▽裏表紙

で、だ。
どんなことが書いてあるかというと、本のタイトル通り、富裕層に属していく人たちの、仕事の習慣とか、です。

内容で衝撃を受けたのは。

一番のインパクトがあったのは、「グリーン車」や「ファーストクラス」には乗らないっていうところ。
私としては、グリーン車にのってゆったり(PCを弄ったり、本を読んだり)するのが、時間の良い使い方だと思っていたんだけど。
どうやらそうではないらしい。

答えは、普通のところに乗って、仕事する、っていうのがいいみたい。

あと、たばこの話は、数値が具体的に出てくるので、喫煙者にはちょっときついかな。
でも、著者自身がヘビースモーカーだったみたいだから、案外、禁煙にも役に立ったりするかもしれない。
(ただし、やり方は、書いてなかったと思うわ)
考え方の問題。
大人の解決法かな(=思考、心から理解して、行動を変えて行く)。

まとめ

一気に読んでしまったけれど、もう一度しっかり読みたいな、と思っているところ。

以上である。

関連情報はこちらです。

via PressSync

広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、2016年は448記事、2017年は、1,280記事、2018年は、1,456記事を書きました。2018年12月現在の記事数は、3,184記事。「書くのが好き」の成せるワザです。TOEICは30回以上受け続けています。もはやライフワーク! TOEIC700点達成を2018年の5月に達成!目標は900点。多言語の勉強に楽しさを見出してます。今度は旅行でも活用できたらいいな。2018年、分子栄養学認定カウンセラー試験合格。合格してからが、スタートです。健康に関しては、本当に知識はチカラだと思います。 詳しいプロフィールはこちら