堀江貴文 本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 【今読んでる本】

堀江貴文 本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 【今読んでる本】

堀江貴文著、「本音で生きる」という本があります。(2015年12月5日初版)

広告

自習室カフェの本棚でみつけた

ショックを受けた。
この本の帯には、「決して他人に振り回されない ホリエモン的人生の使い方」と書かれている。
パラってあけたら、このページが出た。

本当にやりたいなら、リスクは考えない。

(p53)
運命かと思った。

「リスクがあるからできない」と思っているものは、きっと「やる必要がないもの」。
今自分が手にしているものを捨ててまでやる気になれないなら、結局、そういうことなのだろう。
だったら、愚痴など言わず、今のままでいればいい。

(p56)

ですよねー!

この言葉を読んで、ホリエモンの強さを、すんごい感じてしまった。
都知事になればいいのに、と思ってしまった。
( ↑ 今、私にできる最大級の賛辞)

刑務所の中に入った人は、とても強いと、昔、手帳のセミナーに出たときにきいたことがある。
その時は、へー、と思っていたんだけど、社長になれる人の話だったと思う。
一度どん底に落ちた人は、強い、だったかしら。
記憶がかなりあいまいだけど、その話を思い出した。

この「本音で生きる」は、どこをとっても、ドキドキする言葉であふれているし、なんか、やばい。
一気に読むには心臓に悪い。

ちょっとずつ、読んでいるところです。
今、一番あってみたい人です。

(でも、会っても、話すことはない)

私にとって、「やる必要がないもの」と「リスクをとってまでやりたいもの」との間で、もやもやしている。
そんで時間が過ぎていくわけだ。
それがマズイってことなんだよね。

うん、わかってる。

広告

The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、気が付けば1年間2か月で1084記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはや認知症予防の一環になりつつあり、・・・早く700点達成したい。 詳しいプロフィールはこちら
CATEGORY :