書くとわかることもある~過去の自分と対話する【8月30日】

過去の自分と対話するシリーズ8月30日版。
一年前の自分との比較・検討・対話をしてみようという実験です。

広告

今日書いた記事

継続440日目でした。
チェンジ 人生のピンチは考え方を換えればチャンスになる by金川顕教
豆乳飲んで夢をつかもう!キャンペーン 応募しました。当たるといいなぁ。

一年前の今日書いた記事

継続75日目でした。
占いによると今日はとってもいい日らしいのよね
ジブン手帳公式ガイドブックと小説:今日買った本

 

今年の記事から見ると

金川顕教氏の本は、何冊か読んでいて、注目しています。
この日の記事にも書いていますが、「淡々と勉強するためのストイックさ」に、なぜそこまで出来るんだろうと思ってしまうので。

この本は、初の本ということで、紙の本でかったのですが、一番凄いのは「財布はいますぐ捨てなさい」という本。

捨てるべきものの、理由や、捨てるものが「それも!?」って驚きが先にくる。
ストイックっていうのはきっとこういうことを言うに違いない、と思ったのがこの人の本でした。

この人からの学び、何を参考にするかというと、「目標に対する冷静な判断力」でしょうか。

熱くないんだよね。そこまでやってしても、「淡々」という言葉がぴったり。
だから面白いです。ってこれも記事にしとけばよかったかな。
そのうちに、気が向いたら。

去年の記事から見ると

ジブン手帳は、一度は買ったような記憶があるけど、どうにも使うのが難しい。
難しいのは、早く買いすぎてしまってダメになるパターン。

1月からスタートなのに、10月に買ってしまうと、10月、11月、12月と3か月も待たなくてはならない。
それが我慢できない。

自分年表という考え方が面白くて、去年は、1冊のノートに延々と書いてみました。

0歳で何がおきたか、3歳で、、、と誰かに聞かされた記憶をたどるのは自分の中をたどる旅でもあり、とても面白かったです。
ま、時間がかかるのはしょうがないけど。

2015年あたりからだと、月単位で、年表にできるから、普通のノートだしってことで、詳しく書いてみました。
それが読み返してみても面白い。だからまた過去の年表を仕上げるようになるのです。

気付き

占いについて、占いは科学とは違って全く当てにならないけど「信じたいもの」のような気がしている。
でも、禅OSHOタロットというものを知って、潜在意識との交信、という位置づけもあるのかと気づいて、だから気になっていたんだと腑に落ちました。
潜在意識は難しいですが、「直感」ならよくわかる。
あれかーと思うと納得できたのです。

まとめ

潜在意識、直感、目標に対する冷静な判断力。
書いていて出てきた言葉に、自分でびっくりしている。

書くとわかることもあるものだなぁと。
だから、振り返りの記事も書いてしまうのだ。
自分が題材なので、それはつまり、自分を深く掘ってみるということ以外の何物でもないから。

もうしばらくやってみるか。。。

以上である。

関連

広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、気が付けば1年間2か月で1084記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはや認知症予防の一環になりつつあり、・・・早く700点達成したい。 詳しいプロフィールはこちら