桜風堂ものがたり 村山早紀著 2017年本屋大賞5位の泣ける小説

桜風堂ものがたり 村山早紀著 2017年本屋大賞5位の泣ける小説

時々ブログのネタにどうぞ、と本が持ち込まれることがある。
今回もその一つ。毎回面白いのは、図書館から借りてくるのだけど、全部図書館が違うこと・・・。
いろんな図書館で借りれるって面白いよね。

広告

桜風堂ものがたり 村山早紀著

この本は、2017年本屋大賞の5位に選ばれた作品。
本屋さんのバックヤードがわかる。

いつもアマゾンでばかり買っているけれど、いろんなことに思いをはせるのだ。
とにかく人と人との繋がり、過去とのつながり、本屋の裏のネットワークなどに涙が出る。

またしても、ゴミ箱がティッシュの山になりました。
お出かけ前の朝のモーニングメソッドには不向き。
じっくり涙活(ルイカツ)になら。
ゆっくりと人とのつながりを感じてください。
あと、「生」と「死」について、考えることにもなる。

「生」と「死」は、人間でいる以上、ずっと考えるんだろうけれど、本当に身近にあるものなのだ、と。過去にあったことは、こんなにわすれているものだと、思い知ることにもなる(個人的にいろいろと主出してしまった)。

物語の中に引き込まれつつ、自分の人生も見てしまう、そんな本、かな。

著者の村山早紀さんとは。

本はあとがきから読むというのが、「あとがき」に書いてあった。
この本「桜風堂ものがたり」を書くにあたって、いろんな書店の人に話を聞いたとも書いてある。

だから、あんなにリアルなんだとわかる。
いつか、本を書きたいなら、ちょっと見てみるといいかも。
書店ネットワーク、これから、書店のディスプレイを見たら、その背景を考えてしまいそうです。

一言で言うと

泣ける!

以上である。
本

関連

過去の読んだ本屋大賞受賞の本

コンビニ人間 By村田沙耶香 ちょっと壊れた感の適材適所
コーヒーが冷めないうちに by川口俊和 4つの短編とプロローグで1つの物語を作ってるお話

広告

The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、気が付けば1年間2か月で1084記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはや認知症予防の一環になりつつあり、・・・早く700点達成したい。 詳しいプロフィールはこちら
CATEGORY :