今日ほどフォトカッターが欲しいと思ったことはない。

以前、何かの本で読んでこれ便利そう!!と思ったものが、フォトカッター。
証明写真を、キレイに切り取ってくれるものだ。

広告

今日ほどフォトカッターが欲しいと思ったことはない。

今日はTOEICの試験だった。
で、いつものように、証明写真を切って貼るわけだが、貼るのが、両面テープですぐにできるが、この切るのがとても、面倒。

調べてみたら、アマゾンに、30㎜✖40mmで切り取れるフォトカッターがあるようだ。

マジで買おうかなと、、、。
写真屋さんで1500円くらい払って撮影するのは、多分パスポート、、いや、今はパスポート用の写真も駅前の箱の中に入ってしまえばすぐに出来るな。

証明写真用のフォトカッター、そのうち買いそうです。

TOEICをずーっと受けている人は、これ、持っていたりするのかしら?

まとめ

忘れないように、思ったときにUpしておくと、いつか何かのときに役に立つかもしれない。

それにしても、最初にこれを考えた人、凄いなぁと思う。
便利グッズだけど、だいぶ重量系。
でも、個人のためのものだから、なんだか面白い。

あ、わかった。
これ、ルーズリーフの穴あけ機と同じ扱いだ。
普通のB5くらいの白紙に、26穴くらいあけることのできる機械、あれも個人用だけど、なかなかに重量系。
でも必要な人は持っている。

ちょっと、気分がシャキっとしたときに、もう一度考えようっと。

以上である。

ちなみに、いつも使っているピストル型の両面テープ

残念なことに、既に販売は終了しているのです。
いつ買ったか覚えていないけれど、全くなくならない。
不思議なテープなんです。これでTOEIC卒業まで多分いけると思う。
ハンドカッター

広告

The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、気が付けば1年間2か月で1084記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはや認知症予防の一環になりつつあり、・・・早く700点達成したい。 詳しいプロフィールはこちら
CATEGORY :