今年の漢字は「北」、個人的には「書」かな。

今年の漢字は「北」、個人的には「書」かな。

2017年の今年を象徴する漢字は、「北」だそうです。
北朝鮮、北のミサイル、、、、というところの印象からだと。
そーかーと思って、ニュースを見ましたが。

広告

今年の漢字は「北」、個人的には「書」

「今年の漢字」って毎年やっているんですね。
知らなかった(もしくは華麗にスルーしている項目だった)。
で、昨日が「12月12日」で「いい漢字の日」で毎年「今年の漢字」を発表するんだそうです。
知ってました?
私知りませんでした。
この漢字の決め方も、「応募方式」だったとは。
しかも、主催が「漢検」だったとは。
いろいろ驚くことが多すぎて、「北」にはあまり印象がありませんでした。

・・・来年は応募したいな、と思います。

社会的に「北」なら、自分的には、迷うことなく「書」です

そして、自分の一年を象徴する漢字1文字は、と考え見たら、迷うことなく「書」以外ないんじゃないかと思います。

「書」
今年は何を書いてきたかというと。

今のところ、使い潰したペンの本数は、84本。
今年は、100本には届かなそうですが。(去年は、130本使ってた)。

書くということについては、どういうことだろうと思っていたんだけど、9月にストレングスファインダーの資質の一つ、「運命思考」を学ぶ機会がありまして、腑に落ちた体験をしています。

参考ストレングスファインダー・強みを知るワークショップに参加。「運命思考」を深く知る
(一言でいうと、「書かないと人生が滞るレベルで書くことは重要!」ということに気づいたのです)

で、ここからは、もう書きまくっているわけです。

書くことで整理される何かがある

書くことの効能と言えば、「整理されること」。
自分の考えていることを、見えるカタチにする「見える化」っていうのは、本当にすごい。
思っているだけでは、ただ単にぐるぐる同じことを考え続けるけれど、「見える化」してみると、そこから次のことに進むことが出来るのです。

ま、書いたら、もうこのことについては、忘れていいものと、そこから次の作戦に突入する組に分かれていくのも面白い。

まとめ

今年を見渡してみると、「書く」ということで、いろいろ動いてきているから、「書」は、脳の活性化になっているかな、と。
というわけで、個人的な今年の漢字1文字は、「書」以外には考えられませんでした。

以上である。
※アイキャッチの画像は、厚切りジェイソンが紹介していた留学生が勉強する【漢字の本】。
結構面白くて読み応えがあるのだ。

この表紙の「書」の文字もなんかいい、かっこいい。だからアイキャッチにしてみた。
時々小説を読むみたいにしてチマチマっと読んでいる本です(英語で、漢字の覚え方を紹介している面白い本です)。
関連厚切りジェイソンが紹介していたJames W. Heisigの漢字の本【気になる本】

気になった後に買ってしまったが、あまりの本の厚さ(ボリューム)に未だに読み終わらなくてレビューが書けていない本です。
そのうち書く。
書

広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、2017年は、1280記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはやライフワーク!TOEIC700点達成を2018年の5月!多言語の勉強に楽しさを見出してます。今度は旅行でも活用できたらいいな。分子栄養学も勉強中。 詳しいプロフィールはこちら