深部体温を上げると免疫力がアップする、を目指して。

深部体温を上げると免疫力がアップする、を目指して。

このところ夏バテ気味で、熱出して、次の日35.3℃の体温で反省した私です。
低体温は、のちのちまで引きずるということで、なるべく早く体温アップに努めようと思います。
で、考えたのが、テレビでもやっていた、深部体温をアップさせるために、!というやつです。

広告

深部体温をアップさせるための入浴法。

まずは、40℃~41℃の温度のお湯に、肩までつかる。

これ、半身浴ではなく、肩までなので、全身浴ってことになります。
しかも、最初はいいんだけど、時間が。

肩までつかって、10分。

10分間というのは結構長くて、途中の5分で大体ダウン、出ちゃう私。
まぁ、そんなに厳密にというわけでもないので、それでもまたつかるわけです。
でも、なるべく汗がどばっと出るまで、つかりたい。
そのための方法を考えてみた。

面白い入浴剤を使う。

パスクリンとか、きき湯とかの入浴剤を数種類用意すると、テンションあがるので、それで。

今回はこんな感じで用意しました。

毛穴撫子(けあななでしこ)!

毛穴撫子の石鹸は有名ですが(重曹が入っている・・・)、それの入浴剤バージョン。
使ってみたけど、よくわからなかったが、きっと高城剛氏だと絶賛しそうです・・・でも彼はお風呂につからないイメージがある。サバイバルのイメージなので。

爆汗湯(ばっかんとう)

この入浴剤は、かなり好きで、一個240円~くらいするのですが、パチパチ音がして、汗がどばって出て、いい匂いがして、おすすめなのです。

その他

ほかにもいい匂いのもの(アップルとかさくらんぼとか)あれば、購入します。
一重に、自分のテンションをあげてお風呂に入って、使って、体温上げて、そして健康でい続けるために!!!

ま、毎日は無理だけど、できるときだけ、やるのがいいかも。
その気になったときだけでも、いい、ゆるい活動です。

キラキラで行きましょう。

関連

▽今回使った入浴剤の毛穴撫子。いつも思うけど名前、凄いよね。イラストもだけど。。

▽高城剛氏が絶賛していた毛穴撫子の重曹の石鹸。

▽爆汗湯。お値段高め。でもいい!

広告

The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、気が付けば1年間2か月で1084記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはや認知症予防の一環になりつつあり、・・・早く700点達成したい。 詳しいプロフィールはこちら