すべての知識を20字でまとめる紙1枚独学法 浅田すぐる著 すぐに実践で使えそうと思って買った。

すべての知識を20字でまとめる紙1枚独学法 浅田すぐる著 すぐに実践で使えそうと思って買った。

帰り道で本屋によると、ときどきどうしても買わなくちゃいけない本が出てくる。
今日は、それでした。

広告

すべての知識を20字でまとめる紙1枚独学法 浅田すぐる著 すぐに実践で使えそうと思って買った。

タイトルよりも何よりも、中身が素晴らしい。

▽表紙。
本

▽裏
裏表紙

どんな本かというと。

タイトルが、「すべての知識を「20字」にまとめる 紙1枚! 独学法」と言う通り、自分の知識を上手に言葉にして伝えことができるようにする本。

その中の、20文字にまとめるために、事前準備がとてもわかりやすい。
学んだことを学びっぱなしにしない。
ちゃんと身につけることを目指す。
つまり、学んだことを、ちゃんとアウトプットできるようにするための本。
それが、まぁ究極的に「20字にまとめる」ということになるわけだ。

少し練習が必要かもしれないけれど、そのためのやりかたを書いているので、練習するためにやろうと思いました。

本の序章に書かれいてるのが、こちら。

ドキッとします。
「なぜ学んだことが身につかないのか」だって。

学んだことを自由に使えるっていうのが一番いい。
ブログにもどんどんアウトプットで苦労しなくなるはずだ。
そんなわけで買いました。
学びを身につけるための方法めっちゃ重要。

20字にまとめるためのノート・紙1枚の使い方については練習あるのみ

この部分(以下は、目次より)は、練習すれば行けると思う。

それ以降については、読書の場合の20字、セミナー・イベントの20字のまとめなど、とてもとても役に立ちますよ。
ただ、練習は必要と思う。
練習すれば学びが身につくなら、やるしかないよね。

まとめ

アウトプットを20字で、という、とてもわかりやすいお話。
20字にまとめるには、それ以上の知識は当然必要で、ぎゅっと凝縮するときが学びになるのだと思う。
発するのは、20字。
でも自分の中には、まるごと知識が残るってことね。

絶対に身につけようと思う。
以上である。

関連情報はこちらです。

via PressSync

広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、2017年は、1280記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはやライフワーク!TOEIC700点達成を2018年の5月!多言語の勉強に楽しさを見出してます。今度は旅行でも活用できたらいいな。分子栄養学も勉強中。 詳しいプロフィールはこちら