生放送っていうのが同じ時間を共有している感覚

生放送っていうのが同じ時間を共有している感覚

この大晦日に、なんで紅白をみちゃうのかなーと思ってずっと考えていたんだけど。

広告

紅白を見ている。生放送っていうのが同じ時間を共有している感覚

多分ほかは全部事前に撮りためた番組だから、なんか、微妙な気持ちになっているみたい。
こんなときに「生放送」っていうのがみたくなるみたいだよ。
一応、同じ時間を共有しているような気持ちになる。
それが「生放送」なんだろうな。
あ、そうか、CMもないからだ。

まぁ、いつもいつもがすべて生放送だと、働いている人にとっては、超ブラックになってしまうのだけど。
それに、タレントのみなさんにもバケーションは必要だものね。
なんてことを想ったりするのが、紅白みているとき。
生放送っていうものの強みを想ったりする。
ま、その分、いろいろと大変なんだろうけれど。

まとめ

普段はあまり気にしないんだけど、多分時間があるときには、テレビに向かって染むんだろうなと思う。
あと、ネットね。
めちゃくちゃネット重いような気がする、今。

ま、そういうときもあるかな、と思っている。

以上である。

広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、気が付けば1年間2か月で1084記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはや認知症予防の一環になりつつあり、・・・早く700点達成したい。 詳しいプロフィールはこちら