親指シフトを習得する、または諦める(2018年の野望⑥)

親指シフトを習得する、または諦める(2018年の野望⑥)

2018年の野望の6つ目です。
今回は、習得したいけれど、私のスタイルと合わないなら、きっぱり私の人生から抹殺する、という感じ?
それにはちゃんとやらないと。
それが一番問題だ。
うん、わかってる。

広告

2018年の野望⑥:親指シフトを習得する、または諦める

以前、親指シフトの記事を書きました。

あれから、14日間は続いたのだ。
約2週間。

しかし、その後、指が痛いなーっと思いつつやってたら、どうも私の指使いは、間違っていたらしい。
学んではいたが、やっと、この指のカタチは違うのか!と腑に落ちた次第。
でも、指が痛くなるまでやらないとわからなかった。

それから、さらに、この入力は、今あるパソコンのキーボードでは辛い。
(ノートPCの左下の3つのキーが使えないのも、その原因)
いろんなキーボードがあるということで、キーボードを3つくらい買ってみた。
が、やっぱり今イチなんだけど、どうにかして、出来るようにはなりたいという気持ちはあるのだ。

親指シフト入力での理想を言うと

私の作業の邪魔をしないのが理想。
さらに、キーボードのタッチ音が物凄い静音でできるのが理想。
今は、キーボードのせいで実現は出来ていない。
でも普通のキーボードもそんな感じなんだろうか。

私が習得したいのは、ORZ配列のほうなので、右半分がずれるため、数字、英語、通常の作業のコントロールキーとの組み合わせ等の心配もある。
主にコントロールキーが。
あ、そっか。
NICOLE配列でやるという手もあるといえばあるのか。

それだと、ポメラDM200でも出来る。
指によっては辛いかもしれないけれど、それなら出来そうな気もする。

今抱えてる問題点

まずは続ける習慣からなんだけど、キーボード、まだどれにするのか決めていないのだ。
ノートPCのキー配列と似ているものを探しているんだけど、なかなかない。
一番困っているのは、「Fn」(ファンクションキー)との組み合わせのキーが大きく違うこと。
なんでみんな独自のキー配列にしたんだろうね。
慣れるのに時間がかかりそうだ。
つまり、打鍵の環境問題が一番大きいのか。

まとめ

まずは習慣化。
習慣化したいことは、実はたくさんあって、でも、習慣にするには、1度に1つずつ。
1つ習慣化できたら、次のものに進むというのがいいと言われてる。
そうじゃないとどれもこれも一辺に共倒れになる可能性が高い。
野望の1つには書いてみたが、ちょっと気の進まないのが多い。
条件が多すぎるからだな。

いろいろ考え中。

以上である。

2018年の野望はこちらから

痩せる(2018年の野望①)
整理する。(2018年の野望②)
TOEIC700点を達成したい。(2018年の野望③)
旅行する。(2018年の野望④)
分子栄養学を学ぶ(2018年の野望⑤)

広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、気が付けば1年間2か月で1084記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはや認知症予防の一環になりつつあり、・・・早く700点達成したい。 詳しいプロフィールはこちら