場のエネルギーは確かにあると思う。

場のエネルギーは確かにあると思う。

場所のエネルギー。
そこにいる人たちのエネルギー。
あんまり感じた事はないんだけれど、アレが、ソレだとしたら?
と考えると、確かにあるような気がした。

広告

場のエネルギーは確かにあると思う。

出掛けるのが億劫だけど、いざ行ってみると、なんだか元気が出てにんまりして、帰ってくる。

あれだけ、行く前はどんよりしていたのに?
と思うことがあったのですが。

あれが、その場所のエネルギー(良いエネルギーね)を浴びたからと考えると納得してしまいました。

きっかけは。

こんなことを考えていたのは、ブログでもやもやを感じていたからだと思います。
で、出かけて行って、元気になって帰ってきた。
そしたら、もやもやあったとしても、やっぱり書くことは出来る。

あれが、やっぱり場所にエネルギーなんだろうなぁと思う。

その場所とは?

立花B塾のレベル1、レベル2でございます。
立花さんがやっているブログ・ブランディング塾。

そのエッセンスは、この本(「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」)にみっちり書かれているので、いいとして。

本読めばわかるのに、なぜ行くかって言えば、やっぱり元気になるからではないかと。
いろんな人の視点や、新たな発見があるからかもしれない。
毎回、いろんなことが来るのですよ。

まとめ

元気をくれる人は確かにいると思う。
同じように、元気になれる場所もあると思う。

沢山見つけてマッピングしておくのもいいね。

以上である。

もう1記事よんでいかれませんか?

自分が自分に一番厳しい
書きたいことがあるけど書けない、を深堀りしてみる。
好きな言葉「始まりはすべて小さい」
寒いときに汗をかくためのメモ
同じ言葉を聞いても、刺さる人と刺さらない人がいるっていうこと。
結局やりたいことしか、出来ないのかもと思う真夜中。

広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、2017年は、1280記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはやライフワーク!TOEIC700点達成を2018年の5月!多言語の勉強に楽しさを見出してます。今度は旅行でも活用できたらいいな。分子栄養学も勉強中。 詳しいプロフィールはこちら