私の愛するデジタルカメラ:Sony CyberShot WX350

私の愛するデジタルカメラ:Sony CyberShot WX350

写真はやっぱり奥深い。

この2つの記事書いてたら止まらなくなったので、書き続けている・・・という、そんなカメラのお話です。

広告

私の愛するデジタルカメラ:Sony CyberShot WX350

なんだか突然写真とカメラについて語りたくなったので、書いてみます。
突発的に・・・・。
なんでこんなことを思うのかが自分でも面白いと思ってしまう。

写真を始めたのは、高校生の時。

私と写真との付き合いはかなり長い。
始まりは、高校生の時。
ずっと写真部に所属。でも放送部も入っていたので行事が重なるときは、写真のほうが面白いので、そちらで参加。
私の高校時代は、ひたすら人物の写真を撮っていた。
新聞配達のアルバイトもしていたんだけど、そのお金は、全て印画紙とフィルム代に消えた。

今のブログの記事を書くというところからみて、わかるように、性格は変わっていない。
どういうことかというと、その時も「量」だった。
とにかく、撮って、焼いて(現像して、自分で印画紙に焼き付けるという作業)、満足するという2年半くらいだった。
なぜか自分の撮った写真は、卒業アルバムにも大量に入っている。
特に、1、2年の頃のものは、私の撮った写真が大量に掲載されている。

その写真の中に私は映っていないけれど、でも、あの空気を覚えている。
音とか、暑さとか。
ばかみたいな笑い声とか。

私のいたクラスの写真ばかりを撮っていたので(卒業アルバムに使われるとはその時は知らなかったので)、アルバムのスナップショットは、私と同じクラスの分がとにかく多め。
面白い状態だった。

そして、大学受験で、視力を一気に落ちるほどに勉強して、そこで、一眼レフはもう使えないな、ということになった。
今までは、視力2.0で、一眼レフを使って撮っていたけれど、あっという間に、0.6の視力に。
(ちなみに一眼レフカメラは、先輩からの借り物・・・・。写真って本当にお金がかかるんだ)

0.6に下がった視力は、メガネを使い始めると、一気に0.1以下になった。
勉強の仕方を間違えたとしか思えない。

そして、そんな視力、メガネをかけての写真はまったくピントが合わず、印画紙とか、自分で準備したり、暗室を用意したりすることももう高校生で一旦終了。

それっきりの写真だったんだけど、その後、ブログを初めてから、デジカメというものを知る。

ブログと写真

最初は、ガラケーについているカメラで撮っていた。
ブログをする前にもデジカメは会ったような気がするが、使ってもイマイチだったので、ガラケーの写真で撮っていたのだ。
ブログに使う写真を撮る、となると、いろんなイメージ写真が必要になる。

ガラケーで撮って、メールに添付して自分あてに送って、パソコンから、メールを開く。
そして、メールから、パソコンにダウンロードして、そのダウンロードした写真をブログにアップロードして、貼り付ける。

めんどくさいが、自前の写真はそれしかできなかったのでしょうがないから、それでやる。
記事が増えてくると写真が圧倒的に足りないので、画像サイトから。

そんなこんなで、フラッはいった家電量販店で、SONYのサイバーショットに出会う。
ズーム機能にまず驚いた。
店の玄関の前にある駐車場の遠くの車のナンバープレートを拡大してみたのだ。

7taro
あのショーゲキは忘れられない。

デジカメの凄さを知る。

デジカメを手で触って初めて、そのすごさを知る。

いままでは、フィルムを使っていたのが、データとなる。
ファイルでパソコンの中で見れる。
印画紙に焼き付けることもない。

そして何より凄いのは、視力が悪くても全自動で、ピントを合わせてくれることだ。
全自動である!!
自分でピントを合わせる必要はないのだ!

だから、私は今デジカメを持つことが出来る。

そして、光学20倍ズームで、月のクレーターまで見えるこのデジカメを愛している。
手のひらサイズで、こんなに小さいのに、月まで見える。
私の0.1以下になった視力の変わりに大きく対象物を記録してくれる。

最高だと思う。

もっといいカメラはあるし、大きいレンズ、レンズを交換して望遠レンズにして撮ることも出来るカメラもあるけれど。
こんなに軽くて、手のひらに収まってしまうコンパクトさは、やっぱり小さいものでいい。

ポケットにハンカチにくるんで入れて置けるくらいが私は好きだ。

関連情報。

光学20倍ズーム、重さは、ほんの136g。

今は、光学30倍ズームもあります。光学20倍ズームと比べると、ちょっとだけ、重いです。
重さは、209g。持ってみるとやっぱり少し重いかな、という感じ。

こんな記事も書いています。

Sony CyberShot WX350 ガラケーしかもってなかった私が、ついにカメラを購入しました。
Sony DSC-WX350 Windows8 カメラがUSB接続を認識しない→解決。
Sony DSC-WX350 カメラが壊れた!と思ったら。セルフタイマーになっていた。→解決
カメラ復活!Sony DSC-WX350 無事にシャッターが切れるようになった。
写真家 三井公一さんと行くぶらぶら写真教室に参加しました。デジカメ持って外に出よう!
写真を撮ろうとするとシャッターが切れない件【カメラトラブル】
カメラ壊れたかも。。。どうしようと思った私のできること、探す。
カメラのシャッターがやっぱり押せない朝
BeautyPlus 自撮りがしたくなるカメラのアプリを教えてもらいました。これ、マジで凄い。シミ、シワ、顔痩せ。理想の自分が出来上がりますよ。

広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、2016年は448記事、2017年は、1,280記事、2018年は、1,456記事を書きました。2018年12月現在の記事数は、3,184記事。「書くのが好き」の成せるワザです。TOEICは30回以上受け続けています。もはやライフワーク! TOEIC700点達成を2018年の5月に達成!目標は900点。多言語の勉強に楽しさを見出してます。今度は旅行でも活用できたらいいな。2018年、分子栄養学認定カウンセラー試験合格。合格してからが、スタートです。健康に関しては、本当に知識はチカラだと思います。 詳しいプロフィールはこちら