ゴールをぶっ壊せ 夢の向こう側までたどり着く技術 by影山ヒロノブ

ゴールをぶっ壊せ 夢の向こう側までたどり着く技術 by影山ヒロノブ

こないだ、ノンストップでも紹介されていた本。
それが、影山ヒロノブ氏の、歌手デビュー40周年の自伝、「ゴールをぶっ壊せ – 夢の向こう側までたどり着く技術 」です。
超気になる!

広告

ゴールをぶっ壊せ 夢の向こう側までたどり着く技術 by影山ヒロノブ

歌手デビュー40周年って凄いよね。
さらにアニメソングってところがもうレジェンドな感じ。
その人が書いている自伝だから、めちゃくちゃ興味シンシン!

目次はこんな感じになっている。

はじめに
第1章 アニソンに導かれて
「好き」に突き動かされて/LAZY、そして高崎君/ロッカーではなくアイドルとしてのデビュー/ヒットの裏で/LAZY、解散/消えていく「歌う場所」/吐き出された言葉/誰にも媚びない声を/そして届いた「電撃戦隊チェンジマン」のオファー/アニソンとともに変わり始めたまわりの世界/「CHA-LA HEAD-CHA-LA」/アニソンは今も変わり続ける

第2章 職業としてのアニソンシンガー論
  アニソンは「魂」でもある/「職業はアニソンシンガー」と言えるようになるまで/才能あるアニソンシンガーたちの登場/かつてアニソンライブはアニメファンのための「イベント」だった/アニソンシンガーと印税/ライブの収支の考え方/ランティスの存在が教えてくれること/今のアニソンで食っていきたいなら/本編の目覚ましい進化の前で

第3章 歌い続けるために必要だったこと
「あいつは終わった」と言われて/歌い続けるために選んだこととは/イメージだけでは食っていけない/Oさんが教えてくれたこと/ノーギャラライブの日々/形にしなければ誰にも伝わらない/声について/「媚びてはいけない」と言う理由/仲間だからこその意地/そして「影山ヒロノブ」になった

第4章 アニソンは強くなったか
純然たるアニソンが迎えた危機/ JAM Project ができた理由/「メーカーズ」として/事務所を立ち上げた理由/地球の裏側から届いたメール/「No Border」/アニソンは強くなったか/偏見を乗り越えたアニソン/夢の先、武道館/世界を閉じてはいけない/もっと、もっと外へ/アニソンの真価と進化

第5章 ゴールをぶっ壊せ
新しく生まれる夢/夢とは現実で現在進行形だ/夢こそが進むべき道を照らし出す/才能や個性がないのを言い訳にするな/アニソンが人をつなぐ/正義とは何か/俺は世界を変える/フロンティアを目指して/アニソンで恩返しを/俺にとってのゴール/ゴールをぶっ壊せ

年収が7万の時代とか、16歳でバンドレビューしてたとか(後に4年で解散)、いろいろと知らないことがいっぱい。
帯に書かれていることや、目次だけでも、めっちゃ興味がわく項目が並んでいます。

特に、気になるのは、「第三章 歌い続けるために必要だったっこと」。
これは、色んなことに応用できるんじゃないかと思います。
もちろん、人それぞれ目指すものが違うので、それぞれにカスタマイズは必要だけど、続けることのシステム化、なのかな。
そこが凄いと思います。

今は嫌でも、やり続けるための何かが、自分のためになる。

こういう「嫌だけど、未来の自分の夢・目標のために、今は、ちょっと嫌でもやる」的なことの積み重ねって凄く重要で。
大体の人は、そこで挫けるから夢は夢のままになり、「いつか叶うといいなぁ」になるわけです。

大友翔平のマンダラートも、凄いと思ったけれど、「◯◯するために必要なこと」は、誰にでもありそうだ。

でもなかなか手に負えないところにおいていて、やらない。
やらないから、現状維持か、後退か、忘れる。

だから「いつか」は、いつまでたっても来ない。
自分から、そこに向かって歩き出さなければ。

まとめ

自叙伝って学ぶところが多いなーと思うのでした。

以上である。

関連情報はこちらです。

関連記事はこちらです。

チェンジ 人生のピンチは考え方を換えればチャンスになる by金川顕教
1440分の使い方 成功者たちの時間管理15の秘訣 byケビン・クルーズ 気になる一日の使い方の本
無性に本が買いたい日があるのです。【気になる本と戦う気持ち】
厚切りジェイソンが紹介していたJames W. Heisigの漢字の本【気になる本】
飲み会ですらチャンスに変えられる ~飲み会嫌いな私がもっと早く知っておけば良かったと思った話。
『徹夜しないで人の2倍仕事をする技術三田流マンガ論 ─三田紀房流マンガ論─ 』by三田紀房
職場の問題地図 ~「で、どこから変える?」残業だらけ・休めない働き方 沢渡 あまね著:気になる本
走れば脳は強くなるby重森 健太 やっぱり買おう。
本音で生きる 1秒も後悔しない生き方 堀江貴文:凄い切り口

広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、2017年は、1280記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはやライフワーク!TOEIC700点達成を2018年の5月!多言語の勉強に楽しさを見出してます。今度は旅行でも活用できたらいいな。分子栄養学も勉強中。 詳しいプロフィールはこちら