CLINGING TO THE PAST 過去への執着@OSHO 禅タロットで潜在意識と対話する。

CLINGING TO THE PAST 過去への執着@OSHO 禅タロットで潜在意識と対話する。

OSHO ZENタロット。

今朝引いたカードは、CLINGING TO THE PAST。
何度か見かけるカードですが、朝イチで引いたのは初めて見たいだ。

広告

CLINGING TO THE PAST 過去への執着:執着を手放す

初めてのような気がしない。
この頭の中がぐっしゃぐしゃのカード。
過去への執着というカードだから、整理整頓ではなく、執着を手放すという意味らしい。
頭の中には、唇が何個も見える。
執着しているのは、唇から出た言葉なのか、それとも人から言われた言葉なのか。
それがわからないなー。
でも、多分縛られるとすれば、自分で言った言葉のほうが、呪いっぽくなりそうだね。
いや、誰かに言われても呪いにはなりそうだ。

解説からは。
過去を繰り返そうとして、現在を見ていない?
このままでは、化石人間になってしまう恐れあり。

OSHOの言葉からは。

これらの時制(過去、現在、未来)は、時間の時制ではない。
それは、心(マインド)の時制だ。もはや心の前にないものは、過去になる。
心の前にあるものは、現在だ。

おぉー、深いぞ。
しかもわかりやすい。
心で今考えていることは、現在ってことに言い変えられるね。
過去、未来についてもOSHOはこう書いている。

過去とは、もうあなたの前にはないもの。
未来とは、まだあなたの前にはないもの。
そして、現在とは、あなたの前にあり、あなたの視界からすり抜けようとしているものだ。

過去に執着するということは、過去を悔やんでいることのほうが多いということになり、その悔やむ時間で、現在の時間が消えていくということみたい。

時間を無駄にしないようにしようと思います。

以上である。

関連情報はこちらです。

こんな記事も書いています。

OSHO 禅タロットのリーディング会に参加しました。とっても役にたつ考え方を学びましたよ。
Osho Zen Tarot 和尚禅タロット ついに買ってしまった。
コーチングのカード Points of You®︎が気になっている。
エバンジェリスト養成講座を受けています@Points of You®
パンクタムを使い始めたよ@Points of You
私は何を変えたいのか@パンクタムでセルフコーチング(Points of you)
一休み@パンクタムでセルフコーチング、Points of you

広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、2017年は、1280記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはやライフワーク!TOEIC700点達成を2018年の5月!多言語の勉強に楽しさを見出してます。今度は旅行でも活用できたらいいな。分子栄養学も勉強中。 詳しいプロフィールはこちら