闇を捨てているよな気分になってくる。伸び伸びする、に向かっている。 計6個

闇を捨てているよな気分になってくる。伸び伸びする、に向かっている。 計6個

今日捨てたものの記録ですよ。
今日は、文具と、本が中心になりました。

広告

今日捨てたものと、その理由を記す。

1.ペン5本

まだ使える。
まだ、現役。

しかし、しかしである。

さよならの理由としては。

ガラスにも書けるペン→ガラスに書く機会はこれからもないだろう。
そして、それ以外は私の好みの使い心地ではなかった。
あまり好きじゃない色の蛍光ペン、多分これからも使わない。
今回ピックアップしたペンは、共通して、数年たっていて、その間に、やっぱりこれからも使う気になれない、ペンだった。

ペンとの相性ってあるのかもしれない。
手元に来て初めてわかる感じ?

今までありがとう。

2.お金にまつわるマンガの文庫本 1冊

文庫本で、マンガでOLの地味な節約が四コマ漫画っぽい感じで書かれている本です。
さくっと読めて、地味なところに共感できる、本。

さよならの理由としては。

読み切ってかな、という感じ。
ちっちゃくて場所も取らないけれど、もうそろそろ手放してもいいんではないかと思ってしまった。
だから手放します。

今までありがとう。

気づいたことがある。

捨てることに注力しているよりも、私のこの捨てていくという行為は、どうやら、のびのびしたい、という気持ちから来ている。
モノが多いとのびのび出来ないのだ。
ミニマリストになりたいわけでもなく、ときめくものに囲まれたいというわけでもなく、のびのびしたい。
当面の目標は、これである。

忘れないようにしないと。

まとめ

今日リリースしたものは、計6個。 累計133個。
雑誌とか、出版年月がわかりやすいものだと捨てやすいのかも。
なんせ、同じ時期には、またおなじような特集が組まれるので、最新をみるのがよいのである。
そうなると、1年以上前の雑誌を捨てることが出来る。
なかなか難しいような気がしていたけれど、そういうふうに期限をつけてみれば、わかりやすいのだ。
もし、その月の雑誌を買わなかったとしても、去年のものは、気になるところだけを切り取って、手放すのがいいような気がしている。
しばらくこの方法で運用してみようと思う。

以上である。

関連記事はこちらです。

▽捨てログのまとめを作りました。一気に読むことができます。

それ以外はこんな感じですね。

人生がときめく魔法の片づけノート by 近藤 麻理恵 使うのがもったいない?
人生を思い通りに操る 片づけの心理法則 ByメンタリストDaiGo 買った本メモ
あなたの人生、片付けます 垣谷美雨 読んだ
片付けたら一年で100万円たまった by小川 奈々
片付けるきっかけに、地域のバザーの準備。
断捨離ノート 夢をかなえるノート術より

関連本

▽カレン・キングストンの凄い本。この本見ると、風水でいうところの、「金運」や、「人間関係」の場所にあるもの、全てを捨てたくなります。古いですが、面白いですよ。

▽野望の服やモノは、なかなか捨てられない、そのコツも書かれています。

▽メンタリストDaiGoの本。捨てるものを選ぶのではなく、必要なもの、残すものを選ぶ、視点を変えてみる。

広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
Nanataro

Nanataro

2016年5月からブログを始めて、気が付けば1年間2か月で1084記事を書きました。TOEICは30回以上受け続けています。もはや認知症予防の一環になりつつあり、・・・早く700点達成したい。 詳しいプロフィールはこちら